コウノドリ第2話 あらすじと感想 「母体と赤ちゃんどちらを守る?」

コウノドリ第2話 あらすじと感想 「母体と赤ちゃんどちらを守る?」

コウノドリ第2話 あらすじ

 

久保佐和子(土村芳)が妊婦検診に来ている。
担当医はサクラ(綾野剛)。

 

サクラは佐和子に
「検査の結果、子宮頸部腺がんがみつかりました」
と伝える。

 

一瞬何を言われたかわからないという表情の佐和子。
「わたしはどうしたらいいんですか?」
と不安と混乱の表情でサクラに聞く。

 

サクラは、その部分を切除し検査を行い、その結果次第で妊娠を継続するかどうかを判断すると話した。

 

 

一方そのころ、佐野彩加(高橋メアリージュン)が、四宮春樹(星野源)の産後の検診を受けにきている。
四宮が産後の様子について質問するが、彩加はすべて「大丈夫です」と答える…。

 

 

そして、佐和子の検査結果がでた。
予想以上にガンは進行しており、出産が終わるまで待つことはできないということだった。

 

サクラは佐和子夫婦に、赤ちゃんを産まないという選択肢もあると説明する。
夫の慎吾(福士誠治)は今あかちゃんをあきらめれば妻の命は助かるんですよね?とサクラに確認する。
サクラは、その可能性は高いと話す。
しかし、子宮全摘出となるため、今後の妊娠は望めないと。

 

 

佐和子は「産みたい」と言う…。

 

 

そして病院の院内カンファレンスでは、佐和子について話し合われている。

 

サクラは28週で産ませる考えだったが、四宮は早すぎるといい32週と主張する。

 

この4週の差で佐和子の命を削る危険性と赤ちゃんへのリスクがあるのだった。
どちらを選ぶか、佐和子夫婦と相談することになった。

 

 

佐和子夫婦はどんな結論をだすのか?

 

 

ある日、彩加と赤ちゃんが検診に訪れている。
助産師の小松留美子(吉田羊)は産後うつの問診票を彩加に記入するよう言う。
彩加は大丈夫というが、留美子は再度記入を促す。

 

 

 

その夜、彩加の赤ちゃんのが病院の廊下にベビーカーに乗せられて放置されている。
彩加は病院の屋上の柵のところに立っている…

 

サクラが屋上に駆け付けた!!

 

 

コウノドリ第2話 感想

 

今回のお話は子宮がんを患う母体と赤ちゃんのどちらを優先させるのか?
という命の選択になるのでしょうか、難しい問題でしたね。

 

わたしならどうするだろうかと考えましたが、答えはでません。
佐和子は強いなと思いました。

 

 

産後の検診で「大丈夫」を繰り返す彩加の姿にすごく心苦しくなりました。
産後はホルモンバランスも崩れるし、慣れないこと初めてのことだらけでしんどいですよね。
彩加のように責任感が強いと余計そうなのかもしれません。
サクラは彩加を助けることができるのでしょうか?
気になりますね。

 

 

 

「コウノドリ」前シリーズはこちらから見れます。