愛してたって、秘密はある 2話

11年前に皓介(堀部圭亮)の遺体を埋めた庭が何者かによって掘り返され、遺骨と凶器が持ち去られていた。
黎(福士蒼汰)と晶子(鈴木保奈美)は激しく動揺。
自首すると言い出す黎に、晶子はやめてほしいと懇願する。

 

そして、
「お父さん、みーつけた」
黎のもとに、再びメールが届く…

 

 

 

爽(川口春奈)は、結婚の準備に張り切っていた。

 

しかし、父・立花(遠藤憲一)は黎のことを
「信用できる人物ではない」
という。

 

そんなとき、彼女のもとに差出人不明の封筒が届く。
封筒の中を見た爽は黎のついた嘘に気づき、黎を公園に呼び出した。

 

「どうして嘘ついたの?お父さんのこと」

 

そして、爽は立ち去っていく…

 

 

その夜、黎と爽が喧嘩をしていることを知った安達(白洲迅)は爽を誘いバーに飲みに。
安達は爽の肩を抱こうとしたが、やめてスマホを取り出した。
「お、黎だ。もしもし、なんかお前とは結婚できないから別れるって。」

 

安達は黎と爽を仲直りさせようと嘘をつく。

 

「わたし、黎のところにいってくる!」
爽は、バーをでる。

 

 

黎は地検の屋上にいた。
そして爽がそこに現れた。

 

「私、黎のためなら犯罪者になっていい。黎のことだから、私を思ってあんなことを言ったんでしょ。
 でも、一緒に考えたい。ちゃんと話して、お父さんのこと。もう嘘はつかないで。」

 

黎は答える。

 

「…俺、15の時に。父さんを…。」

 

ただ、黎が話した内容は・・・

 

 

「ありがとう、話してくれて。」

 

「ごめん。」
「本当のことがしれてよかった。」

 

二人は抱き合う。

 

「ごめん」

 

 

翌日、黎の職場に封筒が届いていた。
中にはキーホルダーが入っていた。
「奥森黎の落し物」というメッセージも…。

 

 

いそいで家に帰ると、母・晶子が警察に行くという。

 

 

2話の感想

 

黎のもとに届くメールの送り主は誰なのか?
爽の父・立花は結婚を許してくれるのか?
爽のもとに封筒を送ったのは誰なのか?中身は何だったのか?
そして黎は爽に本当のことを言うことができたのか?
安達の爽へのひそかな恋心。
警察に呼ばれた、母・晶子、殺人がばれたのか?!

 

などなど2話も見どころがいっぱいでしたね。
次回が楽しみでしょうがないですね。