ドラマ「民衆の敵」第2話あらすじと感想 「どの派閥にはいる?!」

ドラマ「民衆の敵」第2話あらすじと感想 「どの派閥にはいる?!」

ドラマ「民衆の敵」第2話あらすじ

 

藤堂誠(高橋一生)とデリヘル嬢の莉子(今田美桜)との出会い。

 

酒によってアパートに帰ってきた藤堂。
デリヘルで呼ばれてアパートの部屋の前にいる莉子。
莉子は藤堂が客だと思い話しかける。
そこで足を滑らせた藤堂を介抱し二人は知り合ったのだった。

 

 

今回の市議会選挙で新人議員として当選したのは、佐藤智子(篠原涼子)、藤堂誠、岡本遼(千葉雄大)、園田龍太郎(斎藤司)、小出未亜(前田敦子)である。

 

市議会は、犬崎和久(古田新太)と市長の河原田晶子(余貴美子)の二つの派閥が対立している。
小出と藤堂が犬崎派、岡本は市長派、園田は無所属、智子は?だ。

 

 

初登庁の議会中。
智子の後ろの席の前田康(大澄賢也)が居眠りをしていた。
それをみつけた智子は、資料をまるめて前田をたたき起こした。
すると周りから「いいぞー」の歓声が沸き起こる。

 

 

議会が終わると、智子は犬崎の秘書の若宮寛(若旦那)に呼び出され犬崎のオフィスに連れていかれる。

 

智子が前田をたたき起こすシーンが動画サイトにアップされて、視聴回数もぐんぐん伸びていた。
若宮が、この件について智子の勘違いだったと次の議会で謝罪してくれないかと言う。
犬崎は、どの委員会に入るつもりなのか考えておけと言っていた。

 

つまり、謝罪しないと入りたい委員会に入れてもらえないと言うことだった。

 

 

そのころ、ある公園で山下圭子(水川あさみ)がこどもとボールで遊んでいる。
その公園には「公園取り壊しう回路建設」という看板が立てられていた。

 

 

智子は議員としてなにをしていいのかわかっていなかった。
ママ友の平田和美(石田ゆり子)に政策を実行に移すためには委員会に入らないといけないと教えてもらい、教育こども委員会に入りたいと宣言する。

 

 

市長室。
智子が前田をたたき起こす動画をみて大笑いする市長。
犬崎派がなんとか分裂しないかと、今期の議会では座席を派閥関係なしのランダムにするという取り組みをしている。

 

 

智子と藤堂がはなしている。
今回の出来事について、藤堂は相手が悪かったという。前田は犬崎派の幹部クラスであり、次期市長とも言われているそうだった。
それを聞いた智子は、
「そんなに偉いんだったらさ、余計に居眠りなんかしちゃだめじゃん」
と言う。
それを聞いた藤堂はなにか気づいたような顔をする。

 

その夜、自宅に宅急便が届く。
箱をあけると犬崎の妻からの一筆箋とブランド物のパンプスが入っていた。
夫の公平(田中圭)は買収じゃ…とつぶやく。

 

智子は、パンプスが気に入ってすごくほしい、でも謝りたくないと迷っている。
公平はお金のために謝るのかと智子に注意する。
すると、智子は
「やっぱり期待は裏切らない!!」
と謎のセリフを吐くのだった。

 

 

智子は自分に一票を投じてくれたひとたちに答えるために、議会の中で力のある人側につくのは必要なことだと考え始めていた。

 

 

翌日の夜。
小出に連れられて料亭にいく智子。
そこでは犬崎派が食事をしていた。
犬崎は智子に謝罪してくれるのかともう一度確認する。
智子は断ったら入りたい委員会にいれてもらえないんですよね?といい謝罪することを受け入れたのだった。

 

その様子をみていた藤堂は、がっかりしたような表情で席をたち帰って行ってしまった。

 

 

自宅に帰った智子。
公平が封筒をみつけ中をみる。
それは食事会のときに秘書の若宮が渡してきたものだった。

 

資料には、青葉西公園がなくなると書いてあり、可という印が入っている。
これは可決させるから賛成しろという意味だと智子は気づく。

 

資料には陳情書がついていた。
それを読んだ智子。
翌日、智子が青葉西公園に行くとベンチに藤堂が座っている。
藤堂は智子がいい政治家になる、それならきっと陳情書を読んでこの公園にくるはずだと予想していたのだった。
そして、公園には陳情書を書いた山下圭子がいた。

 

山下圭子が陳情書を書いた理由について話し出す。
自分が中学生のころいじめにあっていた。
学校に居場所がなくて、この公園で学校が終わるまで過ごしていたという。
すると毎日担任が一緒に弁当をたべようと公園まできてくれ、無理に学校にいかなくてもいいと言ってくれたのだそう。

 

政治家はいじめをなくすというけれど、実際なくなってないし、残念だけどなくならないと思うという圭子。
だから、せめていじめから逃げられる場所をつくってほしいのだと訴えた。

 

 

この話を聞いた智子は、どうしたら公園を残すことができるのかと藤堂に聞く。
藤堂は、そんなことはしないと答える。
いじめの避難場所にのぞんでいるひとが現時点でいないし、う回路にしてほしいという住民のほうが多いからだ。
智子は、それならなぜ圭子の話を聞かせたのかと藤堂に聞く。
藤堂は
「この事実を知って、あなたならどうするか…それが知りたかったのかな。政治家としてあなたならどうしますか?」
と智子に問いかけたのだった。

 

 

翌日の議会。
智子は公園のう回路について賛成するのか?
それとも反対して公園を残す秘策を思いつくことができるのか?

 

 

ドラマ「民衆の敵」第2話 感想

 

民衆の敵第2話の視聴率は7.1%だったようです。
1話よりちょっとさがっちゃいましたね。

 

初登庁した智子が政治家とは何なのか、少しずつ学び始めてますね。
なりたくもないのに、市議会議員になってしまった藤堂も、智子の姿をみて少しずつ気持ちがかわっていってるのかな?
智子に恋するなんてのはないですよね(笑)

 

他の新人議員とかゲストに水川あさみがでてたり、俳優にお金かけてますね、このドラマ。

 

 

見逃した人はFODでみれますよ

FODプレミアム(31日間無料)新規入会