ドラマ『民衆の敵』第3話あらすじと感想「冤罪事件と戦え!」

ドラマ『民衆の敵』第3話あらすじと感想「冤罪事件と戦え!」

ドラマ『民衆の敵』第3話あらすじ

 

佐藤智子(篠原涼子)は、あおば市議会の教育こども委員会に入ることができた。

 

中卒の智子は、会議にでてもなにを話しているのかが分からない。
そんな智子のところに、市民からの陳情が持ち込まれる。

 

富子(梅沢昌代)は、隣人の今井一馬(渋谷謙人)が誘拐の犯人として捕まっているが冤罪だと訴えてきた。

 

智子は平田和美(石田ゆり子)に事件について調べてもらうことにした。

 

 

不審な男が女の子を連れていると通報があり、警察が調べると小川かのん(白鳥玉季)だということが分かった。
警察はかのんの自宅に行くとかのんの母の裕子(安藤玉恵)がでてきた。
かのんは携帯をもっておらず、母親の携帯も未払いのため止まっていた。
警察は近くの家をしらみつぶしに探していく。
そして、一馬の家でかのんが発見され、一馬は誘拐犯として逮捕されたのだった。
一馬も誘拐を認めているそうだった。

 

しかし、富子は一馬はそんなことをする子ではないという。
それを聞いた智子は今井は絶対やっていないと思うと言う。
それを聞いていた藤堂誠(高橋一生)は、いい人が悪いことをやるのが世の中。弁護士紹介しましょうかと。

 

 

智子が今井の家に行こうとすると、藤堂も手伝うと言い出した。
今井の家に行くと、動画をとっている男がいる。
「責任ありますよね?」
智子はその男を、「なんだそれ?帰れ、帰れ」「人権蹂躙?なんだそれ?」と追い返す。
その様子も動画にとられている。

 

富子が、隠し場所から家の鍵をみつけ家の中に入る。
今井の母親は若くして認知症で、一馬はその介護のため仕事をやめたという。
そんな優しい一馬が誘拐なんてするはずがないと。

 

 

智子はかのんに話を聞きたいと、かのんの家にいく。
しかし、裕子はほっといてほしいと言う。
自宅の前ででてきてくれるまでずっとまっているという智子に藤堂が動画サイトをみせる。

 

今井の自宅での様子が動画サイトにアップされていたのだった。
モンスター市議会議員と。

 

智子と藤堂は今井に面会に行った。
今井は、誘拐しましたという。
しかし、智子はそれは嘘だと言い、ゲームログをみたという。
ログをみることで、この1か月毎晩かのんとゲームをしていたことが分かったのだった。
しかし、一馬は余計なことはしないでほしい、自分が誘拐したと言い張るのだった。

 

藤堂はその様子をみて、一馬が誘拐犯でなくなったらいったい誰が困るのか?とつぶやいた。

 

智子はやはりかのんに話を聞くしかないと、小学校の校門で待ち伏せをしている。
下校する生徒たちに「こんにちは」とあいさつするが、子どもたちは避けるように帰っていく。
すると先生がでてきて、知らない人には挨拶をするなと教えていると言うのだった。

 

そこに市議会議員の前田康(大澄賢也)がこどもたちの母親らしき人の集団をつれて現れた。
「親御さんたちの不安にどうこたえるんだ!」

 

応戦しようとする智子を藤堂がおさえその場を去ることにした。

 

 

その夜。
和美の取材の報告があった。
かのんの父親はおらず、裕子はシングルマザーで仕事を掛け持ちしていている。
かのんがお腹を空かして万引きをしていたのを見た人や、夜中に出歩いていたかのんを見た人がいたのだった。

 

 

翌日。
智子は自分が母子家庭で育って、周りの人が助けてくれていたと藤堂に話す
藤堂は、貧しい家庭は昔からあって、近所の人が世話をしていたけれど、今は地域のセーフティネットが失われてしまっていると話す。
こどもに声をかけると、怪しい人と思われてしまう世の中なんだと。
そして、藤堂は
「つながりました!」
といい、今井がなぜ自分が誘拐犯と言い張るのかわかったというのだった。

 

 

どうして今井は罪をかぶろうとしたのか?
智子はシングルマザーの大変さを知って、今井やかのん、裕子が苦しんでいる姿をみて何を思ったのか?

 

 

ドラマ『民衆の敵』第3話感想

 

第3話は冤罪事件を扱っていましたが、その核にあるシングルマザーの問題が浮き彫りになりましたね。
そして、昔は近所で助け合うと言うのが当然だったけど、今はそういう時代ではなくなっているというのがよく分かったと思います。

 

智子はこの問題に直面してこれから政治家としてどう動いていくんでしょうね。

 

藤堂も智子のフォローをしながら楽しんでいるようにも見えますね。

 

見逃した人はFODでみれますよ

FODプレミアム(31日間無料)新規入会