ドラマ『コウノドリ』第5話あらすじと感想「赤ちゃんの死」

ドラマ『コウノドリ』第5話あらすじと感想「赤ちゃんの死」

ドラマ『コウノドリ』第5話あらすじと感想「赤ちゃんの死」

 

ドラマ『コウノドリ』第5話あらすじ

 

西山瑞希(篠原ゆき子)が妊婦検診に来ている。
現在27週だった。
診察にあたったサクラ(綾野剛)は、切迫早産と診断しこのまま入院になると瑞希に説明した。

 

 

瑞希が病室に案内されると、隣のベッドには同じく切迫早産で入院している七村ひかる(矢沢心)が入院していた。
ひかるは2児の母で今回3人目の出産となる。
切迫早産で入院になりベッド上で安静にする生活に飽き飽きしていたひかるは、瑞希が入院してきてくれて喜んでいる。
一緒に頑張って元気なあかちゃんを産もうと声を掛け合った。

 

 

一方、NICU。
新生児科部長の今橋貴之(大森南朋)は、翔太の父の大松健次郎(矢島弘一)と母の美代子に病状を説明している。
翔太は超低出生体重児で、現在動脈管開存症を発症していて、手術が必要だという。
しかし、健次郎は手術に反対している。
「どっちみち障害が残る可能性があるんですよね?そこまでして助かってほしいと思っていません」

 

 

瑞希の夫の西山寛太(深水元基)は身長が高く、かなりいかつい。
そんなふうな見た目だが洋菓子屋をやっていて、彼の作るプリンが最高においしいのだった。
見舞いに来た寛太は、医局とひかるにプリンを差し入れをしたのだった。

 

 

院内カンファレンスが行われている。
今回のテーマは大松翔太についてだった。
翔太は24週で緊急帝王切開になった。
両親はそのことに納得がいっていないというのだった。
下屋加江(松岡茉優)がその手術にあたったのだったが、あかちゃんの心拍がさがっていて必要な手術だったと訴える。
白川領(坂口健太郎)は、手術すれば助かる命があるのに、児童相談所に連絡して親権を停止してでも助けようと言い出した。
それを聞いた四宮春樹(星野源)はそんなことをしたら、親はなおさら子供をうけいれられないと言った。
カンファレンスの結果、翔太を育てるのは両親であり、両親に手術の同意をしてもらえるようにしようということになった。

 

 

今日は瑞希の検診日だった。
エコーをしているサクラ。
瑞希が今日は長いですねと問いかける。
真顔のサクラは、赤ちゃんの心音が確認できないと言った。
少し時間をおいてもう一度エコーをしてみることになった。

 

 

確認のため四宮とサクラ二人でエコーを見ている。
寛太もきている。
「残念ながら、心音が確認できません。赤ちゃんはもう…」

 

 

二人になった瑞希は泣いていて、寛太は瑞希を抱きしめることしかできないのだった。

 

翌日。
陣痛促進剤をうち、陣痛促進剤をうち瑞希は出産することになった。

 

瑞希はサクラに自分のせいなのか?もっと安静にしていればよかったのか?と問う。
サクラは瑞希のせいではないと答える。
瑞希は泣きながら、なんで赤ちゃん死んでしまったのか、病院に入院したのになんで?と

 

サクラはわからないと答え、今回このような結果になってしまったことに頭を下げ謝罪した。

 

 

陣痛が徐々に強くなり、小松留美子(吉田羊)が頑張れとはげます。
看護師がそんなに頑張れっていうと瑞希がかわいそうという。
しかし留美子がお産する妊婦に頑張ってといって何が悪い、このお産を暗くしたくないんだと瑞希をはげまし続けたのだった。

 

 

そして、赤ちゃんが産まれた。
留美子はあかりちゃん、すごいかわいい女の子だねと言った。
サクラは静かに
「おめでとうございます」
と…。

 

 

 

医局では、下屋が翔太の両親に手紙を書いていた。
下屋は赤ちゃんの命を救いたいという気持ちが優先しすぎて両親の気持ちを考えることができていなかったと反省している。

 

 

病院の廊下で瑞希がいるのを見つけて話しかけたひかる。
あかりちゃんは元気?と聞くひかるに、瑞希はかわいいよと答え、退院の準備があるからと席を立とうとする。
せいいっぱい笑顔をつくり、
「げんきな赤ちゃん産んでね」
と伝えた。

 

様子がおかしいと思いながら病室に帰ろうとするひかる、ナースステーションで瑞希の赤ちゃんが死産だったことを聞いてしまう。
涙が止まらないひかるだった…。

 

 

下屋の書いた手紙は翔太の両親の心にとどくのか?
瑞希たち夫婦は赤ちゃんの死を受け入れることができるのか?

 

 

ドラマ『コウノドリ』第5話感想

 

今回の話はかなりつらかったですね。
切迫早産の二人の妊婦のうち一人が子宮内胎児死亡になってしまったはなしでしたね。

 

瑞希が出産するシーンは涙が止まりませんでした。
そのあとも赤ちゃんに接する瑞希たち夫婦をみているとなんとも言えない気持ちになりました。

 

 

「コウノドリ」前シリーズはこちらから見れます。