おすすめドラマのあらすじと感想

ドラマ『刑事ゆがみ』第5話あらすじと感想「ヒズミの過去」

ドラマ『刑事ゆがみ』第5話あらすじ

 

前花道市長の娘の宇津巻京子(板谷由夏)と、その夫で市議会議員の誠治(丸山智己)の娘の真利奈(後藤由依良)が誘拐された。
犯人から記者会見を開くように言われ、夫婦で記者会見が行われる。

 

羽生虎夫(神木隆之介)と弓神(浅野忠信)がテレビ中継をみていると、菅能理香(稲森いずみ)がやってきた。
理香は、二人に花道署が協力要請してきたと言う。

 

誘拐の現場にはバレエシューズが残されており、その裏にカタツムリが描かれていたのだった。
それはロイコ事件のものと同じと思われるものだったため、協力要請があったのだった。

 

7年前にある夫婦が殺され、12歳の少女が生き残ったという事件で、その内容は「ロイコ」という小説にそっくりだったのだ。
ロイコ=ロイコクロディウムで、カタツムリに寄生し脳を支配する寄生虫のことだ。
この小説では、主人公が犯人に寄生されたかのうように罪を犯してしまうという話だった。

 

7年前の殺人現場にはカタツムリの絵が残されていたのだった。
そのおかげで、本は大売れ。
この事件の犯人として捕まったのが作者の横島不二実という男だった。
まもなく逮捕かというときに、犯人は焼身自殺してしまった。
犯人を追い詰めたのが弓神だった。

 

 

この事件があったため、今回の誘拐事件がロイコ事件の模倣犯かもしれないということで弓神がよばれたのだった。

 

弓神は宇津巻の家にいき、刑事の久松(木下ほうか)に会った。
久松に弓神は今回の事件はロイコ事件と関係ないといった。
しかし、久松は、小説のロイコは販売禁止になったのだが、それをしたのが前市長の宇津巻喜平だったというのだ。

 

一方、ヒズミ(山本美月)は、テレビでロイコ事件のことが流れるとテレビを消そうと暴れたのだった。
麻薬の売人だと弓神から言われて羽生が張り付いていたが、ヒズミが気づいて逃げてしまう。

 

そのころ、弓神は誠治に話を聞いている。
議会中に娘が誘拐されたと聞いて途中で出てきたという。
犯人から連絡があり、身代金の受け渡し場所と方法を伝えてきた、しかも遠巻きからテレビに中継させろといってきたという。
そうしていると、羽生がヒズミに逃げられたと言いながら戻ってきたのだった。

 

誠治たち夫婦が公園につくと犯人から電話がかかってきて、場所を変えると言われた。
そして、また場所を変えられた上に、取引は中止だと犯人から言われたのだった。

 

弓神はこの事件を宇津巻の人間を恨んでいる人間が犯人だと断定した。
羽生と弓神は、誠治の不正追及していた菰野市議会議員のところに聞き込みにきたのだった。
すると、菰野は誠治が秘書と浮気していると弓神達に情報提供した。

 

 

翌日、羽生は誠治について調べたことを報告する。
誠治は婚カツパーティで京子と知り合った。
当時誠治は無職だった。
つきあい始めて京子が妊娠したため誠治は婿養子として宇津巻家に入った。
いろいろなビジネスに手を出しては失敗し、いつも京子にしりぬぐいしてもらっていた。
ついには市議会議員になるといいだし、京子必死に選挙活動を行い当選させたのだった。
京子は娘を出産したあと乳がんとなり全摘出手術を受けていた。

 

 

それを知った弓神は羽生は、今回の誘拐事件が誠治と秘書が自作自演をして身代金をだまし取ろうとしているのではないかと推測した。

 

庭を見ると、政治と秘書の音島カレン(桜井ユキ)がなにやら喧嘩をしている様子。
「わたし、もうむり」
「音島くん、いまさら…」

 

そこに京子がやってきた。
音島はさっと帰っていった。

 

弓神は京子に離婚しないんですか?と聞いた。
すると、京子は娘から父親を奪うことはできないという。

 

その夜、弓神はヒズミに菰野のことを調べさせた。
同じころ、羽生から連絡があり音島が誠治との不倫を認めたということだった。

 

翌日、誠治夫婦に犯人から連絡がはいる。
誠治一人で野毛山動物園に来いということだった。
マスコミや警察には知らせるなと言われた。

 

誠治はひとりで野毛山動物園に向かった…

 

 

この事件の犯人はいったい誰なのか?
ロイコ事件との関連は?

 

ドラマ『刑事ゆがみ』第5話感想

 

今回の話でヒズミが何者なのかちょっと分かってきましたね。

 

最近政治家の不倫も話題になってますよね。
秘書との不倫もべたな感じですね(;^_^A

 

事件自体はまあまあ面白かったと思います。
今後もロイコ事件についてでてくるんでしょうかね?

 

「刑事ゆがみ」はFODでみることができます。

FODプレミアム(31日間無料)新規入会