ドラマ『奥様は取り扱い注意』第7話あらすじと感想

ドラマ『奥様は取り扱い注意』第7話あらすじと感想「勇輝の嘘?!」

ドラマ『奥様は取り扱い注意』第7話あらすじ

 

伊佐山菜美(綾瀬はるか)は、暴走族を壊滅させたあと、ある男にいわれ上京する。
東京ではチャペルアテンダントの仕事についた。
ある結婚式会場。
男が銃を構え、新郎新婦を狙っている。
菜美は、その男を蹴り上げ、銃を奪いとる。
その様子をみていた新郎。
彼はある国家の情報機関の人間だったのだ。

 

 

同じ町内に住む小野寺友恵(霧島れいか)は菜美と大原優里(広末涼子)と佐藤京子(本田翼)を自宅に招いた。
友恵は三人にある人物を探してほしいと頼んできた。

 

 

友恵は菜美たちが探偵のようなことをしていると聞いたという。
菜美が探偵事務所で働いていたと、以前ついた嘘が町内に広まっている様子。

 

 

友恵が探してほしいという人物は、友恵が大学4年間付き合っていた彼氏の上原幸平(渋川清彦)だった。
幸平と別れた後、今の夫と結婚した。
友恵は自分の余命が半年だと宣告されていた。
それで、やり残したことで一番に思いついたのが元彼の幸平のことだった。

 

優里は友恵の気持ちが分かると話す。
京子は元カレには会いたくもないという。
菜美は、二人にもう少し情報収集するから待機していてとお願いする。

 

 

夫の勇輝(西島秀俊)が仕事から帰ってくる。
菜美は、勇輝に昔つきあっていた彼女に会いたいとおもうかと質問する。
勇輝は、菜美がいるのにほかの女のことなんか思い出さないと答えた。
そして、突然明日から5日間福岡に出張すると言いだした。

 

 

一方、友恵の自宅では。
友恵の夫が友恵の体調を聞き、お互い取り乱さずにやっていこうと言い、友恵にチェロを弾いてほしいと頼んだ。
友恵はチェロを弾きだす…

 

そして、優里のもとには、ママ友から合コンの日程がきまったと携帯にメッセージが届いていた。

 

また、京子の家では、京子の夫、渉(中尾明慶)が寝ているあいだに渉の携帯を盗み見ていた。

 

 

翌日、ふたたび菜美は友恵の家に。
友恵から、幸平の本名と生年月日、付き合っていたころの住所を渡される。
菜美は探すのに時間がかかるかもしれないと答える。
友恵は1週間探してもらって、見つからないならあきらめる、化学療法がはじまるからといういう。

 

 

菜美はあるクリーニング店を訪れる。
そこはかつての友人、小雪(西尾まり)の仕事場だった。
菜美が小雪に幸平の居場所を調べてほしいと依頼する。

 

 

菜美は優里と京子に知り合いの探偵に幸平のことは頼んでいると報告する。
すると、京子が旦那が浮気していると言いだした。
渉と同じ職場の寺西という女性が残業についてのみやり取りをしているという。
残業=デートではないかと怪しんでいるのだ。

 

 

自宅に帰った優里は夫の啓輔(石黒賢)から菜美と出歩いているのを快く思っていない様子。
伊佐山さんが引っ越してきてから町が騒がしくなった、節度を守って遊ぶようにと注意した。
優里はあの子はいい子だと啓輔に反論した。
啓輔がいなくなると、優里は合コンに参加すると返事を送ったのだった。

 

 

小雪から幸平がみつかったと連絡がある。
幸平がこの10年で13回住所を変えていると教えてもらい、菜美は幸平に前科があると推測した。
以前、出資法違反を犯し、それ以降転々としているという。

 

 

菜美は幸平に会いに行く。
幸平と喫茶店で話をすることになった。
夢を追い、ぎりぎりのところで勝負をしていたら、気づいたらここまで落ちぶれていたと話す。
菜美に海水を真水に変えるプランクトンがあってと話し始める。
そんな幸平に菜美は友恵の余命があと半年だと伝えた。
菜美は、2日後に会いに来るから、会いたくないなら海外にでも逃亡してと言い、席をたった。

 

 

菜美は友恵の家にいき、幸平を見つけたと報告する。
前科のこととか知ってるのに会いたいのは、復讐など何か意図があるのかと質問する。
友恵は幸平のことは恨んでいないのだという。

 

逆に友恵から旦那さんとなにをはなしているかと質問される。
菜美は、出来事や休みに何をするかなどと答えた。
友恵は、くだらなことでもいいからたくさん話しておいたほうがいい、それが積み重なって財産になるのだと言った。

 

 

その夜。
勇輝から電話がかかってくると、速攻で電話にでる菜美。
菜美は勇輝に好きな音楽は?とたわいもない質問をする。
電話をしながら勇輝は窓の外をみている。
そこにはレインボーブリッジが見えた…

 

 

次の日。
優里はレストランで行われる合コンに参加した。
その様子を離れた席にすわった横溝健(玉山鉄二)がみていた…

 

優里はそんなことも知らず、隣の席にすわった安西(小関裕太)にメールアドレスを教えたのだった。

 

2日後。
菜美が幸平のアパートに行くと、やくざ風の男たちに連れていかれそうになっていた。
今日だけ幸平を貸してほしいと頼んでみたが相手は言うことを聞いてくれない。
男たちがむかってくるが、菜美はとくいの武術で蹴散らした。

 

 

友恵と優里、京子がレストランでまっていた。
そこに菜美と幸平が現れた…

 

 

友恵は幸平とあって何を話すのか?
勇輝は福岡出張となぜ嘘をついたのか?

 

 

ドラマ『奥様は取り扱い注意』第7話感想

 

今回の話では、勇輝がなにか秘密をもっていることが明らかになりましたね。
菜美と結婚したこととも何か関係があるのかもしれませんね。

 

最後、菜美もなんとなく勇輝の嘘に気づいた様子でしたよね。
あと数話で最終話でしょうから、そろそろ秘密があきらかになっていきそうですね!

 

 

奥様は取り扱い注意、第1話から見れる!

奥様は取り扱い注意