ドラマ『民衆の敵』第5話あらすじと感想「仲間の死」

ドラマ『民衆の敵』第5話あらすじと感想「仲間の死」

ドラマ『民衆の敵』第5話あらすじ

 

新人議員と市長の秘書の望月 守(細田善彦)がカラオケに来ている。
望月は市長である河原田晶子(余 貴美子)のためなら、この身をささげてもいいと思っているとみんなの前で話す。

 

翌日、佐藤智子(篠原涼子)は二日酔い。
夫の佐藤公平(田中 圭)が、息子の駿平と平田和美(石田ゆり子)の娘のあかねを連れて芋ほりに出かける。

 

智子は藤堂 誠(高橋一生)と話をしている。
こどもと一緒に芋ほりに行きたかったと。
すると、藤堂がワークバランスが大事だと言う。
つまり私生活も仕事も大事だということだ。

 

それを聞いた智子はどうすればいいのかと藤堂に聞く。
藤堂は智子が自分で実践してみればいいとアドバイスする。

 

それを聞いた智子はツイッターに長期休暇をとる!とつぶやいたのだった。

 

智子は藤堂に藤堂誠はなにがしたいのかと聞いた。
藤堂は真顔で家業を継いだだけなのでと答えたのだった。

 

そうこうしていると智子に電話がかかってきた。
男性からで、手紙をよんでくれたかといって電話を切られた。
手紙を見てみると市議会に汚職議員がいると書かれていた。

 

小出未亜(前田敦子)、園田龍太郎(斎藤 司(トレンディエンジェル)に汚職のことを聞いてみるが、逃げてしまった。

 

智子は和美とランチをしながら手紙のことを相談してみる。
和美は慎重に扱うように忠告した。

 

その夜、ツイッターをみると、何もしてないじゃないかとコメントがきていた。
公平は、ツイッターには政治家としてどんなことをしたかを書くのがいいんじゃないかとアドバイスをした。
すると智子はツイッターに「汚職まみれの議員がいるようなので、一生懸命調べますとつぶやいたのだった。

 

 

一方、藤堂の家では、莉子(今田美桜)が呼ばれていた。
藤堂の撮った写真をみながら写真家になろうと思わなかったのか聞く。
藤堂は戦争写真家にあこがれていて、こどもが不幸なのはだめだと思ったと話す。
タイマーが鳴る。
莉子は自分の連絡先を渡して帰ろうとしたが、藤堂は受け取らなかった。

 

 

智子は自分たちで汚職について調査をしようと言い出した。
岡本 遼(千葉雄大)が公共事業を洗いなおそうと言う。

 

昨日電話をしてきた男から再び電話がかかってきた。
「今夜資料を渡す」
内部告発者だろうと思われるが、今追及すると資料がもらえなくなるかもしれないのでそっとしておくことになった。

 

その夜。
藤堂と小出、岡本が智子の家で夕食を食べている。
すると、資料が届いた。
中を見ると児童会館建設の見積もり資料だった。
その工事の請負会社が牧村建設で、その社長は市長の後援会会長だった。

 

 

みんなが帰ったあと、智子は児童会館のことをツイッターにつぶやいてしまった。
岡本がまだ確実なことではないので消してくれといい、智子は削除した。

 

しかし、次の日にはSNSや報道関係で市長が汚職したと大騒ぎになっていた。
報道陣に囲まれた市長は、佐藤議員の勇み足だとコメントした。

 

 

智子の家にも報道陣がきている。
公平が智子に軽はずみなことをしてと注意する。

 

犬崎和久(古田新太)が智子を迎えに来てくれた。
犬崎は智子に安心しろ、市長は黒だ。なにかあれば俺が助けてやると言ってくれた。

 

園田が児童会館の見積もりが2枚あることについて謎を解決すると言い、推理を披露する。

 

工事の施工には2億かかる。
見積もりは2億5千万。
5000万は市長のもとに?

 

岡本は市長のもとにきている。
市長、信じていいんですよね?と市長に念を押す。

 

一方、犬崎は、市長の汚職を証明するものを発見したとテレビで記者会見を行ったのだった。

 

 

市長秘書の望月があるアパートの部屋の前に来ている。
それは望月の恋仲である小野ゆうきという男の家だった。
小野ゆうきはチェーンをした玄関から領収書を渡す。
5000万の受取人が望月守となった領収書を。

 

そして100条委員会が開かれる。
しかし、中断となり、市長が秘書の望月が自殺したと言った。

 

市長は記者会見を行う。
自分は一切関与していないが、監督不行き届きであったことは認めると。
そして、選挙で民意を問いたいと言った。

 

市長選が行われることになった。

 

 

智子が犬崎のオフィスを訪れると、犬崎派の議員たちが市長選だと騒いでいた。
それをみた智子は、こんなのおかしくないですか!と声を荒げる。
次の市長候補と言われていた前田 康(大澄賢也)は、もう演説は終わりですか?と嫌味を言うだけで取り合わなかった。

 

新人議員のオフィスで落ち込む智子のもとに犬崎がやってきた。
智子はこんなことしなければよかったという。
犬崎は、智子が動きはじめたから市長の化けの皮をはぐことができたという。
しかし、智子はこれが政治ならこんな政治はいらないという。
すると犬崎は、それなら智子がこの政治の世界を変えないかと言い出した。
市長にならないかと。

 

 

ドラマ『民衆の敵』第5話感想

 

最近は議員さんもツイッターやインスタなどのSNSを活用してますね。
智子もやってみたけど、馬鹿正直すぎて、今回の事件が起きてしまいましたね。

 

犬崎はどこから関与しているのでしょうか。
なんとなくはじめからのような気がしますね。

 

次回、智子は市長選にでるんでしょうか。
気になりますね!

 

見逃した人はFODでみれますよ

FODプレミアム(31日間無料)新規入会