ドラマ『コウノドリ』第6話あらすじと感想「下屋の決意」

ドラマ『コウノドリ』第6話あらすじと感想「下屋の決意」

ドラマ『コウノドリ』第6話あらすじ

 

下屋加江(松岡茉優)はこはる産婦人科で当直を頼まれていた。

 

妊娠34週の神谷カエ(福田麻由子)は切迫早産で入院している。

 

下屋はカエの部屋に様子を見に来ていた。
すると「カエ」と夫の神谷久志(笠原秀幸)が入ってきた。
下屋は「はい」と返事をして、神谷カエが下屋と同じ名前だということに気づき喜んだ。

 

このことがきっかけで下屋とカエは仲良くなった。
出産というゴールに向かって一緒にがんばりましょう!とカエを励ました。

 

 

ペルソナ総合医療センターで出産中の妊婦の胎盤がでてこない。
サクラ(綾野剛)を呼びに行こうとする看護師を制止し自分がやると言った下屋。
手で剥離しようとするがうまくいかず痛みに耐えている母親がいた。

 

そのことで、サクラから注意されてしまった。
だれかを頼ることも大事だと言われた下屋は、それではいつまでも独り立ちできないと反論する。
失敗しても自分で乗り越える力を身に着けたいというが、サクラは自分たちが失敗したとき、それは乗り越えるものじゃないと言った。

 

 

そして夜、こはる産婦人科のカエのもとに下屋がいくと、カエはしんどそうな表情をした。
下屋が体調をきくと、胸が苦しい時があるけど、貼り止めの副作用と聞いているという。

 

そのあともカエといろいろな話をする。
カエは妊娠したために結婚式を挙げていないから、産後に赤ちゃんと一緒に式をあげるのが夢だという。
下屋に先生も来てよと誘い、下屋も行くと約束したのだった。

 

当直がおわり帰るときに、こはる産婦人科の院長の富士宗吾(佐藤貢三)にカエの動悸が少しきになるとつたえた。
院長は週明けに甲状腺の検査をしてみるといった。

 

 

下屋は白川領(坂口健太郎)にカエのことを話した。
白川に患者に入れ込みすぎだと注意された。
しかし、下屋は医師として患者に関わっていくことも必要だと考えていると反論したのだった。

 

 

こはる産婦人科から救急搬送の依頼の電話がかかってきた。
そして救急車が到着する。
そこに乗っていたのはカエだった。

 

すぐに緊急手術となるが、カエの心拍は停止している。
必死に心臓マッサージをしているが反応がない。
カエが甲状腺の異常によって、いまの状況にあるといわれ下屋はパニックになる。

 

サクラは話はあと、赤ちゃんをだすよといって帝王切開。
手術中も、救急救命医の加瀬宏(平山祐介)が心臓マッサージを続けている。
産まれた赤ちゃんを、新生児科部長の今橋貴之(大森南朋)に渡す。
赤ちゃんも心肺停止している。

 

今橋と白川が救命処置を必死で行い、赤ちゃんは泣き声をあげた。

 

下屋はカエに「赤ちゃんが呼んでるよ、神谷さんのゴールはここじゃない!」と必死に呼びかける。
加瀬も必死に心臓マッサージを続ける。

 

 

夫の久志がきたが状況を知らされておらず、カエとは話せますかとサクラと下屋に聞いた。
久志は霊安室に案内される。
そこには、亡くなったカエの姿が。

 

 

呆然とベンチに座っている下屋、隣に白川が座っている。
下屋はどうしてあの時強く検査を勧めなかったのか、どうして触診しなかったのかと自分を責め続けた。
白川は下屋のせいじゃないと伝えたが、下屋の耳には届いていない。

 

 

カエについてカンファレンスが行われている。
サクラが、甲状腺の異常によって、肺に水がたまり、心停止を起こしたと説明した。
カエが張り止めの薬を飲んでいたため、動悸が副反応としてとらえられてしまい、こはる産婦人科では気づかれなかったという。
ペルソナ救命科部長の仙道明博(古館寛治)が、ぶっちゃけ見落としじゃないのと冷たく言い放った。

 

 

外来が混んでいる。
それを見た四宮春樹(星野源)が看護師に理由を聞くと、下屋が全員に甲状腺検査をいているからだという。

 

そして、下屋はサクラに呼び出され、しばらく休むよう言われた。
下屋はやすまなくてもいいというが、それを聞いていた四宮が患者を心配するふりして神谷さんの死を乗り越えたいだけだといった。

 

サクラは下屋に『どんな産婦人科医になりたい?』と聞いた。
下屋は答えることができなかった。
そしてしばらく休暇をとることに。

 

 

休んでいる下屋は留美子(吉田羊)から誘われ、はじめてBABYのライブにやってきた。
ピアノの演奏を聴きながら、下屋は答えをだしたのだった。

 

 

下屋のだした結論とは?

 

 

ドラマ『コウノドリ』第6話感想

 

今回の話もつらかったですね。

 

母体がなくなってしまうというあまりにも悲しい話でした。
下屋も思い入れがあったぶん、つらかったと思います。
白川は入れ込んではだめだと言っていましたが、人間なのでなかなか割り切れないですよね。

 

カエの旦那さんと赤ちゃんは大丈夫のなのか心配です。

 

 

「コウノドリ」前シリーズはこちらから見れます。