ドラマ『刑事ゆがみ』第6話あらすじと感想

ドラマ『刑事ゆがみ』第6話あらすじと感想

ドラマ『刑事ゆがみ』あらすじ

 

総資産300億円の若きIT起業家の貝取勝平(新田真剣佑)が来週オープン予定のプラネタリウムで刺された。
その日貝取はサプライズ企画の準備でプラネタリウムにいくとSNSに投稿していた。
21時に運転手に送り届けてもらい、0時に迎えに行くと貝取が血を流して倒れていた。

 

貝取は正面からナイフで刺されていた。
しかし、凶器も指紋もゲソ跡もみつからなかった。
弓神(浅野忠信)は正面から刺されたなら犯人を見ているはずだという。
そうしていると、貝取が目を覚ましたと連絡がはいった。

 

 

弓神と羽生(神木隆之介)が貝塚のもとに行くと、貝取は犯人をみていないという。
貝取は弓神たちに、自分は秒速一億稼ぐ人間だから、時間をとるなら報酬をもらうといい、態度が悪い。
そして、「あなたたちに何ができるんですか?役立たず」と。

 

 

二人は署にもどり、怨恨の線で捜査することになった。
貝取は多くの人間に恨まれていた。
その中でも、星月亘という男が自分の作った会社を買収され、安く買いたたかれたという過去を持っていた。
しかも、社長だった星月の息子は自殺していた。

 

 

弓神と羽生は星月のところにいくと、星月はやっていないという。
すると、自殺した息子の娘の光希(新井美羽)が学校から帰ってきた。

 

弓神は光希に星月が何をしていたか聞くと、酒を飲んで寝ていたと答えた。
携帯の音がなった。
モンコレという携帯ゲームだった。
同じプレイヤーが近くにいると音がなるシステムだった。

 

庭でゲームをしていると官能理香(稲森いずみ)から連絡があり、星月亘を任意同行しろと指示。
貝取が犯人の顔を思い出したというのだ。

 

 

翌日、モンコレを作った会社のテンドーカンパニーに来ている。
貝取は筆頭株主で、この会社を買収しようとしている。
テンドーカンパニーの天堂英里(MEGUMI)が買収を防ぐために貝塚を刺したんじゃないかと推測した。
貝取が天堂をかばっているとしたら、天堂が犯人とわかったとき株が大暴落することを恐れてじゃないかと。

 

天堂は、貝取が学生のころから面倒見ており、彼が買収などするわけがないといいきった。
そして、天堂はアリバイがなかった。

 

 

弓神たちが署にもどると、星月が貝取のことを調べるために探偵を雇っていたことがわかったと報告がある。
理香は星月をもう一度任意同行するよう指示した。

 

 

理香は星月を連行した。
羽生はもう少し残るといった。
そこに弓神もやってきた。

 

光希は昔学校でいじめられていた。
それに気づいた父親は、光希に望遠鏡で星をみせた。
「どんなときも光希はひとりじゃない、すぐそばにお父さんがいるから」
光希はそういわれたことを思い出していた。

 

弓神は光希の「わたしの夢」という本がなくなっていることに気づいた。

 

一方、署では、星月が探偵を雇っていたのは、貝取の不正を見つけようとしていたからだと話した。

 

羽生はもう一度天堂を調べたいと理香に頼み、会社にいってみたが天堂はいなかった。

 

弓神は光希の通う小学校に行き、「わたしの夢」を探した。
ヒズミのもとにきている弓神はその本を読んでいる。
ヒズミが貝取のサプライズ企画を見つけたという。

 

「外出許可もらえた、今夜はひとりプラネタリウムで準備再開、生配信」とツイートしていた。

 

弓神は羽生にすぐにプラネタリウムに行くように連絡した。

 

羽生がプラネタリウムに到着して中に入ろうとするが鍵がかかっている。
中をみると、貝取と光希がいた。

 

貝取は、光希に今度は刺せるといいねと言う。
光希は、なぜおじいちゃんを犯人と言ったのかと問い詰める。
そっちのほうがおもしろいからと答えた貝取は、もう一度刺しにきたんでしょ、馬鹿で間抜けなパパの仇とるんでしょとあおる。

 

光希がナイフをもって貝取めがけてはしり、そして刺した。

 

 

そこに弓神がやってきた。
パニックになっている羽生に、血が出てない、大丈夫と言う。
しかも、天堂さんもどっかにいるんじゃないの?といい回りをみると、天堂は操作室にいた。
貝取は防刃チョッキをきていた。

 

 

貝取は14歳以下は刑事罰があたえられないから自分が罰してやったという。
光希が貝取を刺すシーンを動画生配信したのだという。
これで社会的に抹殺したと。

 

 

弓神と羽生は光希を署に連れて帰ってきた。
「わたしの夢」という本を見せた。
そこには光希が父親と一緒にプラネタリウムを作りたいという夢が書かれていた。
そして、プラネタリウムとモンコレのコラボ企画も書かれていた。

 

貝取は、プラネタリウムだけでなく光希の考えた企画も盗もうとしていたのだった。
それに気づいた光希は、貝取を刺してしまったのだ。

 

 

光希は児童相談所に連れていかれた。
貝取たちが流した動画がだれかによって止められていたと理香が羽生に話した。

 

 

一方、貝取が天堂に電話をすると、動画が流れなかったといわれ、貝取のホームページが大変なことになっていると言われた。
そして、天堂はあなたのおどしにはもうのらないからと電話を切ったのだった。

 

貝取がホームページをみると、貝取の脱税の証拠がネットに流出していた。

 

 

ドラマ「刑事ゆがみ」第6話感想

 

今回の話はこどもが父親の復讐のために事件を起こすという悲しい話でしたね。
これから光希ちゃんはどうなっていくんでしょうね。
またおじいちゃんと一緒に暮らせるようになるといいのですが…

 

「刑事ゆがみ」はFODでみることができます。

FODプレミアム(31日間無料)新規入会