ドラマ『民衆の敵』第6話あらすじと感想「智子が市長に?!」

ドラマ『民衆の敵』第6話あらすじと感想「智子が市長に?!」

ドラマ『民衆の敵』第6話あらすじ

 

市長室に、佐藤智子(篠原涼子)と市長の河原田晶子(余 貴美子)がいた。
そして河原田が智子に市長就任おめでとうと言った。

 

4週間前。
平田和美(石田ゆり子)が智子に犬崎和久(古田新太)が市長として誰を推しているのかと聞いてきた。
智子は自分が推されたと答えた。
ただ、自分は断ったという。

 

新人の研修室で陳情処理に苦戦する智子に声をかける藤堂 誠(高橋一生)。
市長になればもっと簡単になるとおもいますよと。
智子は犬崎に市長になれといわれたと藤堂に話す。
藤堂はいいとおもいますよと答えた。

 

智子は小学生のころ給食係しかしたことがないのに市長なんかできるワケがないという。
藤堂は給食を一度も食べたことがないという。
智子は藤堂が市長になればいいといってみるが、藤堂が市長になっても誰も操れないから駄目だと笑った。
藤堂は、僕はあなたが思っているような人間じゃないと答えた。

 

犬崎のオフィスでは、現市長と智子の予想支持率が10%で、浮動票が7割は超えることがわかり、犬崎は前田 康(大澄賢也)と富田恭一(渡辺いっけい)を呼べと命じた。

 

 

藤堂の住んでいるアパートにやってきた兄の明。
藤堂がデリヘルの莉子(今田美桜)を頻繁に利用していることを指摘しさっさと別れろといって帰っていった。

 

 

犬崎は智子に富田を紹介し、陳情の処理を一緒にやるよういった。
富田の力もあり、駐輪場をつくったり、野菜を名産として広報したり、どんどん片付いていった。

 

一方、前田が市長選に立候補した。
園田龍太郎(斎藤 司(トレンディエンジェル)と小出未亜(前田敦子)がそれをみていて、前田は勝てないと言う。

 

 

智子が犬崎のオフィスにきている。
犬崎は智子に市民にはあんたみたいな政治家が必要なんだと再度市長になるように説得してきた。
智子は犬崎に自分を利用して何がしたいのか聞いた。
犬崎は初孫が産まれて、あおば市を心からよくしたいと思っているからだと言う。
智子はまだ犬崎のことを信じられない。

 

 

智子は自宅に帰って息子の駿平(鳥越壮真)と一緒にお風呂に入っている。
駿平はみんなのことを幸せにするのがママのお仕事だもんねと智子に言う。
その一言は智子の心に刺さった。
その夜おそくまで市民の陳情を読みふけるのだった。

 

 

翌日。
市長の河原田は秘書で自殺した望月 守(細田善彦)のことを思い出していた。
望月は市長のためを思ってやったと訴えたが、河原田はあなたは私の一番嫌いなことをした!と責め立てていた。

 

 

智子は犬崎派から抜け、無所属で市長選に立候補した。
そのせいで、佐藤公平(田中 圭)と駿平は報道に追いかけられることになる。

 

 

帰宅した智子に公平はどういうこと?と聞いた。
公平は智子が立候補することを聞かされていなかったのだ。
智子は犬崎が勝手に発表しちゃった、覚悟を決めたら言おうと思っていたんだと説明した。
公平は覚悟が決まる前にいってほしかったと怒って出て行ってしまった。

 

そのあと、和美が智子を呼び出した。
和美は、河原田と前田に戦わせて、嫌気がさした市民の票を智子が持っていくという犬崎の作戦なんじゃないのかと智子に確認する。
智子はそれを認めた。
和美は権力が欲しくなったの?と少し怒った口調で言う。
智子はそれに対して、いいことをするのには権力がいる、普通のことしてたらできることに限界があると答えた。
和美は智子なら新たな風をおこしてくれると期待していたのにと悲しそうに言った。

 

 

智子が藤堂をさそいビルの屋上にきた。
自分がこどものころはいろんな人に支えられて生きてきたのに、今はそんな時代じゃなくなってしまったという智子。
それを聞いた藤堂は、それが市長に立候補した理由ですか?と問い返した。
智子はまちがってるかな?と藤堂に確認するが、藤堂は自分の人生を決めるときに人に相談すべきではないと言った。
それを聞いた智子は反対されてもやりきると決心した。

 

 

智子の街頭演説がテレビ中継される。
市民の声を実現させたいという智子に、そんなのきれいごとだとヤジが飛んでくる。
智子は、綺麗ごとでも、それを実現していくのが政治なんだと語った。
それを聞いていた人たちから拍手が沸き起こる。

 

 

そして4週間後。
智子は市長選に勝利し、前市長の河原田に、私はあなたの味方よ、老兵は去るのみといって去っていった。

 

岡本 遼(千葉雄大)は市長派から無所属に変更の届を書いていた。

 

 

市長の席に座る智子。
秘書に富田、副市長に前田がなった。
犬崎が支援者リストを差し出し、喜ばせてやれと言う。
智子が拒否しようとすると、犬崎は、これが政治ってもんだろと本気の顔を出してきた。

 

 

智子の市長就任会見で、無所属で出た智子のまわりが犬崎派で固められていることを和美が指摘した。
富田が会見を打ち切り、智子は退席した。

 

 

一方、高級レストランに来ている藤堂と莉子。
楽しく食事をした後、帰り道に藤堂は莉子にもう会えなくなると伝えた。
莉子が最後に写真を撮ろうといい、二人は写真をとった。
そして、莉子は「藤堂誠、ありがとう!」といって去っていった。

 

 

ドラマ『民衆の敵』第6話感想

 

とうとう智子は市長にまで登りつめましたね。
でも、犬崎の力が存分に働いているようですね。

 

市長選もどうやら犬崎の書いた筋書き通りになったみたいで、和美ががっかりしたのが分かる気がします。

 

智子が何かを実現させるために、より大きな力を求めたのは間違っていないとは思うのですが、犬崎の手の上で転がされているのでは…

 

智子には大きな試練がありそうですね。

 

 

見逃した人はFODでみれますよ

FODプレミアム(31日間無料)新規入会