ドラマ『刑事ゆがみ』第8話あらすじと感想「羽生の成長?!」

ドラマ『刑事ゆがみ』第8話あらすじと感想「羽生の成長?!」

ドラマ『刑事ゆがみ』第8話あらすじ

 

弓神(浅野忠信)は自分の好きなウマが引退することを知り落ち込んでいる。
羽生(神木隆之介)を連れ出し、憂さ晴らしにキャバクラに出かけた。

 

キャバ嬢のきらら(久松郁実)が羽生をもちあげ、お酒のます。
次に弓神についた女性が猿渡愛実(市川由衣)だった。
彼女はむかし窃盗をしており、弓神が逮捕したという過去をもっていた。

 

 

愛実はキャバ嬢をしながら昼間の仕事を探していると言う。
お金をためて児童養護施設に入っている息子の実(吉沢太陽)を早く迎えにいきたいと思っている。
店を出る弓神たちに、絶対に抜け出して見せると笑顔をみせたのだった。

 

 

数日後、マンションの敷地内で遺体が発見され弓神と羽生が駆けつけると、愛実だった。
死亡推定時刻は昨夜の3時頃。
愛実の手には180万円が握られていた。
マンション405号室に盗みにはいり、逃げるときにベランダから誤って落ちたと推測された。
405号の住人の元銀行員である沼田徹(小林隆)は、お金がもどってきたので被害届は出さないと言った。

 

弓神は現場を見に行くといって405号室にいった。
そして、弓神が金庫の中に2000万円ほどはいっているのを見つけたのだった。

 

 

署に戻った弓神はなにか考えている。
理香(稲森いずみ)になにかおかしいと言う。
愛実は盗みをしていたころ透明人間と呼ばれていた。
それは、誰にもきづかれないうち小金を盗むというのが彼女の流儀だったからだ。
弓神は、今回に限って180万は多すぎるというのだった。

 

理香は被害届がでていないから捜査はしないという。
すると弓神はでていってしまった。
その様子をみていた多々木挙男(仁科貴)が、弓神が愛実を逮捕したとき彼女はとっくに足を洗っていた。
息子が産まれてからはまじめに生きているから見逃してほしいと懇願する彼女を逮捕したのだった。
弓神はそのことを後悔しているのかもしれないと羽生に教えてくれた。

 

 

弓神は実に会いに来ていた。
実にお母さんは一生けん命はたらいていたと伝えるが、実はあの人のことはわすれたいと言った。

 

 

弓神と羽生は沼田を監視して沼田と愛実の接点を探していた。
今夜は社交ダンスを習いにきていた。
事件夜、沼田の隣の部屋は留守だった、窃盗するならそこに入ると思うという弓神だった。

 

羽生は接点はキャバクラじゃないかといい、二人はキャバクラに向かった。

 

キャバ嬢たちに沼田の写真をみせるが皆知らないという。
愛実がお金に困っていて店長に前借したいと頼んでいるのを見たという女の子がいた。

 

弓神はヒズミ(山本美月)に愛実の銀行口座を調べてもらった。
すると「ヒガシクミコ」に86万円振り込みしていて、残高がほとんどないことが分かった。

 

 

翌日、理香が高齢者を狙った詐欺グループの検挙を手伝うことになったといい、弓神と羽生も参加するようにいった。
しかし、弓神はそこにはおらず、羽生に探しに行くよう命じた。

 

弓神は愛実の部屋を探っていた。
引き出しから実が受け取り拒否をした手紙が何通もでてきた。
そこに羽生がやってきて、弓神は署に連れ戻された。

 

署にもどった二人は詐欺の検挙のため、おとりがお金をわたすところに張り込んで犯人を捕まえることになった。

 

そして受け渡し場所、女性がお金を渡そうと立っていると、そこに受け取りにきたのがキャバ嬢のきららだった。
そして後をつけると、バイクに乗った男がお金が入った紙袋をとり逃げて行った。
羽生はきららを確保した。

 

きららを警察で取り調べすると、頼まれただけで自分が何に関わっていたのか全然わかっていなかった。
しかも、愛実も一緒にやっていたという。
羽生はそれをきいてやはり愛実は窃盗にはいって事故死したと確信した。
そのことを弓神に言うと、「目を覚ませ」と言われてしまう。

 

 

ヒズミからヒガシクミコの身元が分かったと連絡があった。
東久美子は詐欺にあった高齢者だった。

 

弓神は久美子に会いにいった。
86万円は愛実から返してもらったのだと言う。
久美子は詐欺にあい、その時に受け子としてきたのが愛実だったのだ。
詐欺だと気づいた愛実は久美子にお金を返して謝罪した、そのため被害届は出さなかったのだと話した。
そして、久美子の被害額は180万円だったという。

 

 

羽生が署でいると、昨日の被害者がお礼にといって、社交ダンスの発表会のチケットをくれた。
そのチケットをみると、沼田が通っているダンススクールだった。

 

弓神と羽生はもういちどマンションの防犯カメラを見ることにした。
すると、沼田が出かけているところがうつっていた。
しばらくすると沼田はもどってきた。

 

二人はゴミ捨て場にいったが、目当てのものはすでに回収されてなかった。

 

翌日、羽生は休んでおり、弓神だけ詐欺事件の検挙の手伝いに呼ばれた。

 

女性が待ち合わせ場所に立っていると、受け子があらわれお金を持って行った。
弓神はあとをつけていくが、わざとバイクにのった犯人にお金を奪わせた。

 

 

そして夜、バイクの男が公園で待っている。
すると沼田がお金をとりに現れたのだった。
沼田はバイクの男に「報酬は後で振り込む」といった。

 

帰ろうとする沼田の前に、弓神が現れた。
「人のものを奪ってどこにいくんですか?それ僕のです、返してください」

 

沼田が袋を開けると馬券が大量に入っていた。
それを返し去ろうとする沼田の前に今度はバイクの男が立ちふさがった。

 

そしてバイクの男がヘルメットを脱ぐとそこにいたのは羽生だった。

 

実はバイクの男はすでに逮捕されていた。
バイクが去ったすぐ近くに羽生が待機しておき、バイク男を逮捕し、待ち合わせ場所を聞いたのだった。

 

 

沼田を弓神が事情聴取する。
定年退職後、何もすることがなく退屈になってしまった。ある男性に声をかけられ手伝ってほしいと言われたという。
そして売り上げが多いとほめられうれしかったのだと話した。

 

弓神が愛実が沼田の犯罪に気づき、ベランダから突き落としたのだと沼田に迫ったが証拠はあるのかと開き直られた。

 

すると羽生が部屋に入ってきた。
そして弓神に取り調べを代わってほしいと言った。

 

防犯カメラにうつる沼田の手には傘が握られているが戻ってきたときにはもっていない。
この日には雨は降っておらず、これが凶器で捨てにいったのだと言った。
そして愛実の体から傘でついた跡が見つかっていると話した。

 

すると沼田は、あの女がわるい、仕事を奪われたくなかったと自供した。

 

 

次の日、弓神は愛実の手紙と誕生日プレゼントをもって実に会いに行った。
そして実は愛実の手紙を読み、そこには誕生日に迎えにいくねと書いてあるのをみて涙したのだった。

 

 

署にもどると羽生が県警本部長表彰されたと喜んでいた。
弓神は羽生に証拠を偽装しただろうというと、羽生は白紙の鑑定書の表紙をみて勝手に勘違いしたのは沼田だといった。

 

ドラマ『刑事ゆがみ』第8話感想

 

羽生がだんだん弓神に似てきましたね(;^_^A
二人がバディとして成長してきたということでしょうか。

 

羽生は割と先入観にとらわれがちなところがありましたが、弓神のひとことで目を覚ましたみたいですね。
先入観というのは割とだれにでもあると思うので、弓神はそういうことなしで人をみれるのがすごいなと思いました。

 

次回あたり、ヒズミが犯罪に巻き込まれていきそうですね。
楽しみですね!

 

「刑事ゆがみ」はFODでみることができます。

FODプレミアム(31日間無料)新規入会