ドラマ『民衆の敵』第7話あらすじと感想 「犬崎の企み」

ドラマ『民衆の敵』第7話あらすじと感想 「犬崎の企み」

ドラマ『民衆の敵』第7話あらすじ

 

テレビ番組で佐藤智子(篠原涼子)の様子が放送されている。
智子は福祉に積極的で青空保育園などいろいろなことを実現している。
市民からの支持率も上がっており、あおば市に転居したいという人も増えているという。

 

自宅で智子の夫、公平(田中圭)と平田和美(石田ゆり子)がその番組を一緒にみていた。
和美の表情は曇っている。

 

すると智子が帰ってきた。
息子の駿平(鳥越壮真)と和美の娘あかね(野澤しおり)が「テレビ見たよ」「きれいだった」と言う。
和美は「支持率が上がれば多少強引なこともできるよね」と言い、智子は「そんなつもりないから」と二人はつんけんしている。
二人は険悪ムードのまま、和美はあかねと帰っていった。

 

 

藤堂誠(高橋一生)が公園にいると、近くにゲームをしている男子学生がいた。
藤堂が「私立中学、頑張って受験したんでしょ?」と話しかける。
その男の子は、校区の中学校にいきたかったという。
すると、藤堂はぼくもと答えた。

 

二人が話をしていると、数人のヤンキーから来いよとその男の子が呼ばれた。
藤堂は男の子が行くのを制して、僕が話してくるとヤンキーたちのところにいった。

 

 

一方そのころ和美は、あおば市のニューポート開発委員会の議事録を読んでいた。
しかし、中身がほとんど真っ黒に塗りつぶされている。

 

 

市長室に藤堂がやってきて市長に話があるという。
藤堂は非行に走ってしまった少年少女を立ち直らせる、こどもたちの悩みや相談をきくことができる仕組みをつくるための資料をもってきていた。
市長室のとびらの外で、聞き耳を立てている秘書の富田恭一(渡辺いっけい)がいた。

 

 

車に乗り込もうとする犬崎(古田新太)のもとに和美が現れた。
和美は情報開示するつもりがないのではと犬崎に意見を聞こうとする。
しかし秘書の若宮寛(若旦那)にさえぎられてします。
車に乗った犬崎は、秘書に和美を調べておくよう命じた。

 

 

ニューポート開発の反対運動をする住民が座り込みをしている。
その報告を聞いた犬崎は代執行を行うように命じた。
「俺がやるんじゃねぇ、市長がやるんだよ」と犬崎はつぶやいた。

 

 

智子は市長になってから仕事が終わる時間がおそく駿平が起きている時間に帰れない日が続いている。
駿平からの手紙をみていると、公平が寝室からでてきて、「和美さんのこと避けてる?」と聞いた。
智子は仕事が忙しいからすれ違っているだけだと言った。

 

 

翌日、智子は市民との懇親会に参加している。

 

一方、ニューポート建設予定地では座り込みをしている住人たちの強制排除の代執行が行われたのだった。

 

智子が懇親会を終えて出てくると、富田がマスコミが詰めかけているが何も言わないようにと言ってきた。
そして、市役所に帰ってきた智子は、マスコミに囲まれながら暴挙だと責め立てられた。

 

市長室でテレビをつけ、何が行われたか知った。
犬崎がやってきて、抗議しようとした智子だが、犬崎にあんたはあんたの好きなことをやらせてやっているんだから、この件には口出しするなと言ってきた。

 

 

智子が新人研修室に行くと、そこには藤堂と園田龍太郎(トレンディーエンジェル斎藤司)、岡本遼(千葉雄大)、小出未亜(前田敦子)がいた。
智子は助けてほしいというが、富田が追いかけてきて議員を巻き込むことになるのでやめるよう言い智子を連れ出そうとする。

 

 

そのあと、藤堂が市長室を訪ねてきた。
藤堂がのみませんか?と酒を持ってきていた。
飲みながら智子は話す。
ニューポート計画を止めたいと藤堂に言うが、藤堂は一度認めたことを取り消すことは市長としてやってはいけないと言った。
あなたは犬崎という毒を飲むと決めたんでしょ?と。
智子はニューポート計画自体には賛成しているが、やり方が認められないというと、藤堂は、やり方を変えればいいだけだと意見した。

 

 

自宅に帰った智子の口数が少ないと気づいた公平が、和美さんに相談してきなと智子の背中を押した。
その言葉をうけ、智子は和美のもとに向かった。

 

和美の自宅についた智子は、和美に謝罪する。
すると和美が大量のニューポート建設の資料を出してきた。
和美が、ニューポート建設予定地のあたりは過疎化がすすみ、犬崎の言うような経済効果があると思えないと言う。
智子は、それを聞いて、裏を全部表に変える!と何かを思いついた様子だった。

 

数日後、市長室にいる智子にラインで「準備完了」のメッセージが届いた。
ラインを受け取った智子は生理痛のふりをして市長室から抜け出す。
そして、ママ友の一人がマスコミに市長が記者会見をするとメールを送った。

 

保育園の入り口で待機するママ友たち。
記者会見をすると知って駆けつけてきた富田と若宮を中にいれないようガードする。
それを押しのけて入ろうとする姿とマスコミが写真を撮る。
二人はあきらめざるを得なかった。

 

そして記者会見が始まる。
智子はまず、謝罪をした。
ニューポート建設についてはもう一度考え直すといった智子に、「操り人形だったんですか?」ときつい言葉が飛んでくる。

 

すると智子が
「副市長、秘書、すべてのスタッフを解任いたします!」
と発言した。

 

 

テレビでその様子をみていた園田がこの状況を変えてくれるかもしれないと喜んだ。
藤堂も「クーデターか」と笑った。

 

 

犬崎の事務所では、ぼそっとストレスだなと犬崎がいった。
智子は新人議員から市長になり心身共に疲れている、休ませようと言う。

 

そして、若宮が和美の情報をもってきた。
それを見た犬崎は表にでてきてもらいましょうかと不敵な笑みを見せた。

 

 

そして、会見が終わった保育園に藤堂がやってきた。
智子は、藤堂に
「副市長になってください」
とお願いしたのだった。

 

ドラマ『民衆の敵』第7話感想

 

市長になって犬崎にいいように操られていた自分に気づいた智子が行動を起こしましたね。

 

犬崎はこれからどうやって智子を言うことを聞かそうとするのか気になりますね。
ニューポート計画にどういう目的があるのかも、これから出てきそうですね。

 

個人的には高橋一生に副市長になってもらいたいですが、彼は副市長になるんでしょうか。

 

どんどん面白くなっています。
続きが楽しみです!

 

見逃した人はFODでみれますよ

FODプレミアム(31日間無料)新規入会