ドラマ『今からあなたを脅迫します』第7話あらすじと感想「スナオの秘密」

ドラマ『今からあなたを脅迫します』第7話あらすじと感想「スナオの秘密」

ドラマ『今からあなたを脅迫します』第7話あらすじ

 

テレビのニュースで蔵井(飯塚悟志)が事故死したと報道された。
蔵井は北条愛梨(横溝菜帆)の母親あかね(佐伯日菜子)の生活保護の担当者で、あかねを脅していた男の仲間でもあった。

 

 

千川完二(ディーンフジオカ)が食事をしていると、警察が3枚の似顔絵をもって聞き込みをしに店に入ってきた。
その似顔絵は千川たちにそっくりだった。

 

千川は急いで事務所に戻ると、スナオ(間宮祥太朗)が来てから変なことが続いていると言い、スナオには声をかけず蔵井の件について調べることにした。

 

そのころ、スナオは金坂澪(武井咲)の見舞いに来ていた。
病院のロビーで話をしていると、千川がやってきて、病院に来ていた愛梨とあかねに声をかけた。
あかねは前の家をでて、「雨だれの会」の施設で世話になっているのだという。

 

 

そして、次の日、千川とスナオは蔵井が死んだ現場になったレストランにきていた。
レストランは閉まっていたが、店員の桃花(阿部純子)から話を聞くことができた。
店員の桃花はその日たまたま休みだった。

 

事件当日は同窓会の予約が入っていて蔵井がいつも座っていた席は埋まってしまっていた。
蔵井をいつもと違う席に座ることになった。
店内ではイルミネーションの工事もしていた。
混みあっていたため、店員がレンジとオーブンを同時につかってしまいブレーカーが落ちてしまった。
真っ暗になってしまい、水を持って行っていた店員が、蔵井に水をかけてしまった。
電気工事をしていた男が配線を落としてしまい、その電線を蔵井が受け取ったときに、ブレーカーを戻され、感電してしまった。

 

心臓に持病をもっていた蔵井は、死んでしまったのだった。
同窓会の予約を受けたのは店長の若林(橋本じゅん)だった。

 

事務所にもどった千川は、間違いなく事件だといい、容疑者は4人いると言った。

 

店長の若林、新人アルバイトのソム・チャイ、電気工事をしていた山岡、パート店員の水川だ。

 

千川とスナオは水川を脅迫した。
しかし、いつもホール係なので、オーブンとトースターを同時につかうとブレーカーが飛ぶなんて知らなかったという。
ソム・チャイも黒だと思う点はなかった。
山岡はたまたま古い配線しかなくもっていっていたと言う。

 

 

それぞれ一般市民なのに脅迫される材料をもっていたことにスナオは驚いている。
千川にも弱みがあるのかと聞くと、話をそらし、スナオに店長の弱みを持ってくるよう指示した。

 

 

千川は事務所であるゴールを聴いている。
そして、恋人の来栖椎奈(松下奈緒)のことを思い出していた。

 

 

すると、突然轟雄之助(近藤正臣)がやってきた。
轟は千川に借りをつうりたくないから、澪を救った礼をするから望みを言えといった。
そして、轟が澪が退院するから病院にいくようにと脅迫して帰った。

 

澪が病院であかねのことを見ていると、富永絢子(真野響子)が声をかけてきた。
自分たちがあかねたちをサポートしていると話す。

 

病室に戻ると、千川が座っていた。
今夜退院祝いのパーティをするから家で待つようにいって帰っていった。

 

 

そのころスナオは桃花に店長の若林について聞き込みをしていた。

 

7年前、若林は奥さんと仲がよかったが、奥さんがバイクに乗ったひったくりにあい、ひきずられて亡くなってしまったらしい。
盗られそうになったバッグが若林からのプレゼントだったので、手を離さなかったらしい。
蔵井との関係性は見当たらなかった。

 

 

事務所では栃乙女(島崎遥香)と目黒(三宅弘城)が手巻き寿司の準備をしている。
千川は全員がグルの可能性があるといい、スナオに一度脅迫してみろといった。

 

スナオが4人を事務所に呼び、脅迫を始めた。
脅迫された若林は、証拠は?と聞くと、スナオは何も証拠をもっておらずあたふたする。
そして、千川がスナオが暴走したと謝罪し、4人にはかえってもらった。

 

4人が帰ると目黒が戻ってきた。
千川は4人を留守にさせて、目黒に家を調べさせたという。
栃乙女が防犯カメラの画像を手に入れたというので見てみたが、特に気になることは見つけられなかった。

 

しかし、目黒の持ってきたものの中に雨だれの会の手紙が混ざっていた。
中を見てみると、新聞記事の切り抜きが入っていた。

 

ニュースでは警察が蔵井の事件は事故と処理されたといっている。
それを聞いて、この件は終わりにして澪の退院祝いのパーティをしようということになった。

 

すると、千川が手巻きずしにいれるイカがないといいだし、買ってくると出かけて行った。

 

そして向かった先はあのレストラン。
千川は「すべてを言わないと、蔵井の命を奪ったことを言わないと警察にばらす」と店長を脅迫した。
事件の日にあった同窓会は、防犯カメラでみると年齢がばらばら、若林が集めた人で蔵井をあの席に座らせるための仕組みだったのではと。
そして、大量にイルミネーションを頼んだり、水をなみなみいっぱいにいれたり、手間のかかる料理をつくらせたりして偶然を作ったのだと言った。

 

千川は蔵井が弱い者いじめをしていたからといって、命まで奪う必要はなかったのではと聞くと、若林は殺されて当然のくずだと答えた。

 

千川は若林の家からみつかった新聞の切り抜きを見せた。
若林の妻の命を奪った犯人が、偶然、エレベーター事故で死んでいたという記事だった。

 

「これもお前がやったのか?」と聞くと、若林は「おれじゃない、救ってもらったんだ。今度は俺の番だった」
と言い出し、千川はバックにいる人間を言えと迫った。

 

 

そのころ、スナオは澪の家に来ていた。
パーティは中止になったと伝え、手巻き寿司をわたす。
こんなところまで申し訳ないという澪に、隣に引っ越してきたから大丈夫と答えるスナオ。
監視されていた時の恐怖を思い出し、思わずドアを閉めてしまう。
スナオは3分だけ時間をくださいといい、話始める。

 

「僕はわざとあなたたちに近づきました。来栖椎奈さんという人がなくなったことは前に言いましたよんr?彼女は僕の姉で千川さんの恋人だった」

 

澪はドアを開けて出てきた。
スナオはスズメバチに刺されて亡くなったという記事を澪に見せた。

 

「僕は事故で死んだと思っていない。千川さんもそう思っているはず」

 

 

そして、レストランでは千川が若林を追い詰めていた。

 

若林は脅迫には屈しない、自分はどうなってもいいと言う。
そして「雨だれは石をうがつ」と言った。

 

それは、椎奈がよく歌っていた歌詞にでてきた言葉。
その瞬間、後ろから何者かに殴られた。
千川が振り返ると、そこにいたのは澪の担当医の高ノ森(笠原秀幸)が棒を振りかざしていた。
そして千川は意識を失った…

 

 

ドラマ『今からあなたを脅迫します』第7話感想

 

ディーンフジオカの演技もなじんできて、ストーリーもだんだんと面白くなってきましたね。

 

今回の事件は偶然が偶然を呼んだ殺人事件でしたが、かなりうまくいく確率は低かった気がします(;^_^A

 

若林のバックにいるのは雨だれの会っぽいですが、この会は犯罪被害者の無念を晴らす会なんですかね。
最終話まであと少し、千川とスナオの思いが果たされますように。
続きが楽しみですね!

 

ドラマ「今からあなたを脅迫します」の見逃し配信はこちら

ドラマ「今からあなたを脅迫します」はここから!