ドラマ『コウノドリ』第8話あらすじと感想「白川が医療ミス?!」

ドラマ『コウノドリ』第8話あらすじと感想「白川が医療ミス?!」

ドラマ『コウノドリ』第8話あらすじ

 

ライブを終えたサクラ(綾野剛)のもとに四宮春樹(星野源)が訪ねてきた。

 

四宮はサクラに相談があるという。
かつて四宮が担当していた蕾(四宮が出産の担当をして、植物状態のまま死んでしまっている)の死を経験して、四宮は大学での研究に専念しないかと誘われており、その道に進もうかと悩んでいるという。

 

四宮はペルソナが医師不足になることを心配しているが、サクラはペルソナのことは気にせず四宮自身が選択するべきだと伝えた。

 

 

そのとき、四宮の妹の谷内夏美(相楽樹)から、父親の四宮晃志郎(塩見三省)が倒れたと電話がかかってきて、四宮は実家に帰ることになった。

 

 

白川領(坂口健太郎)はペルソナの屋上で下屋加江(松岡茉優)と話している。
最先端の技術を身に着けるために整った環境で働きたい、ペルソナはその点ではまだまだだと熱弁している。
下屋は患者さんがたすかればそれでいいと言うが、白川はもっと上をみろと言う。

 

一方、四宮が実家に帰ると、晃志郎は診察を続けていた。
晃志郎は産科の医師だった。
四宮は精密検査を受けたほうがいいと勧めたが、自分の体は自分がよくわかっていると拒んだ。

 

 

そして、ペルソナ。
風間真帆(芦名星)が出産している。
心拍が下がり、吸引分娩となった。
新生児科に連絡があり、白川が自ら行くと言い出した。

 

白川と赤西吾郎(宮沢氷魚)が分娩室にくると吸引分娩している最中だった。
そして赤ちゃんが生まれたが、新生児仮死の状態ですぐに白川が処置を行い息を吹き返した。

 

NICUに赤ちゃんは運ばれ、白川が両親に新生児遷延性高血圧であり、肺に一酸化窒素を送る治療をしていると説明し、3,4日でよくなると言い切った。
新生児科部長の今橋貴之(大森南朋)がサクラに最近の白川の様子をどう思うか聞いた。
サクラは白川は頼りになると答えた。
でも、気になる点もある、自分もそんな時期があったとも言った。
今橋は「心配な時期だよね」と悩ましくつぶやいた。

 

 

四宮は父親の働く病院の院長から声をかけられた。
父親が肺がんのステージWであることを聞かされた。
家に帰り、四宮は父親に迫る。
晃志郎はこの地域で産科医を続けることにこだわっている。
四宮はそれなら生きろと怒ったように言うが、晃志郎は湿っぽいのは勘弁だと話を打ち切った。

 

 

真帆の夫の風間陽介(高橋努)がNICUにきている。
一向に良くならない赤ちゃんの様子に不安げな陽介。
その様子をみていた赤西が、看護師に一酸化窒素ってすぐ効果が出る治療ですよね?と確認し、看護師は確かに回復が遅いと答えた。

 

そのころ、サクラは真帆のもとに来ていた。
真帆は赤ちゃんがNICUに入らないといけなくなったのは自分のせいだと泣いている。
サクラは頑張り屋の赤ちゃんを誇りに思ってあげてほしいとはげました。

 

その夜、白川は真帆のあかちゃんのことが気になり徹夜するという。
赤西は、本当に新生児遷延性肺高血圧なんですかね?といい、看護師も今橋に確認しようと言ったが白川は「そんな必要ない!」と怒った口調で答えた。

 

翌日、赤ちゃんの肺が白くなっていることに気づいた。
混乱している白川のもとに今橋がやってきてエコーをした。
看護師が赤ちゃんのことが心配で今橋に知らせたらしい。
そして、今橋はエコーの結果、この子は肺の異常じゃなくて生まれつき心臓に問題があると診断した。

 

今橋、白川、そしてサクラが真帆の病室にきている。
白川が肺ではなく心臓が悪かったことを伝えると、陽介は医療ミスだと白川を責めた。
そのまま責め立てようとする夫を真帆が制した。

 

今橋が今から講談医大に搬送し、緊急オペになると思うと言うと真帆は気丈に「すぐに搬送してください」と言った。

 

 

ドクターカーに乗せる準備をしていると、白川はほかの医師にドクターカーに乗ってほしいと頼んだ。
それを見ていた今橋が、白川に風間さんの担当医は誰だと聞いた。
自分だと答えた白川に、「だったら責任をもって最後まで見届けなさい。君はミスを犯した。自分の過ちから逃げるんじゃない!」と白川を叱った。

 

 

そしてドクターカーで赤ちゃんを講談医大に搬送した。
白川が講談医大の医師に状況を説明すると、あとはこっちでするので帰っていいと言われてしまい、追い返された。

 

帰ろうとしていると、新井恵美(山口紗弥加)とばったり会った。
新井は今講談医大で働いており、かつてはペルソナで働いていた。
当時、もっと技術を高めたいと必死だったけど、結局、バーンアウトしてしまったと話す。
新井は、ペルソナを退職し、実家に帰ったがペルソナに置き去りにした赤ちゃんが気になって仕方がなかったのだという。
そして、白川は帰っていった。

 

白川と話をした後、新井はサクラに電話をした。
サクラが新井に白川と話をしてほしいと頼んでいたようだった。

 

 

そして、真帆の退院日となった。
今日そのまま赤ちゃんのところにいくという真帆と陽介の二人に、助産師の小松留美子(吉田羊)が手術が無事に成功してよかったですね」と声をかけた。

 

病院をでようとする真帆達とすれ違った白川は頭を下げた。
ふたりは無視するように去っていこうとした。
白川は「力及ばず申し訳ありませんでした」と大きな声で言った。
すると真帆はお世話になりましたと言って去っていった。

 

白川が泣いていると、今橋がどうしたの?と声をかけた。
「悔しい、悲しくて」という白川に、その気持ち忘れないでねと今橋は白川の肩にそっと手を置いた。

 

 

四宮が実家から帰ってきて、お土産の海産物に医局で盛り上がっている。

 

そのころ、屋上で白川と下屋が話している。
白川がペルソナを辞めて小児科循環器科で研修をすることにしたという。
下屋が上を目指すんだというと、「ちがう、さきを目指すんだ」と答えた。

 

 

医局では、今橋が白川が辞めることをスタッフに伝えた。
今橋は、医師として成長したいという後輩の背中を押してあげたいのだと話した。

 

 

そして、妹の夏美から電話がかかってきて、四宮がオペ中だったためサクラが電話をとった。
「父がさっき病院に運ばれました」

 

 

ドラマ『コウノドリ』第8話感想

 

ペルソナから二人目がいなくなることになりましたね。

 

白川があのまま嫌なキャラになったらどうしようと思ってました(;^_^A
医者など専門職につく人は、経験の中でプライドも高くなってしまう時期があるんでしょうかね?
サクラにもそんな時期があったなんて驚きです。

 

四宮も研究の道にいくと言っていましたが、父親が倒れたことでどうなるんでしょうか。
父親の望みをかなえるために実家の地域の産科に行くんでしょうか?

 

サクラも何か考えているようですね。
ますます続きが気になります。
次回が楽しみですね。

 

「コウノドリ」前シリーズはこちらから見れます。