ドラマ『民衆の敵』第9話あらすじと感想「犬崎の裏工作が次々と、智子はどう戦うのか?!」

ドラマ『民衆の敵』第9話あらすじと感想「犬崎の裏工作が次々と、智子はどう戦うのか?!」

ドラマ『民衆の敵』第9話あらすじ

 

藤堂誠(高橋一生)が記者会見を開いている。
副市長になることができれば、市長である佐藤智子(篠原涼子)を全力で応援することを宣言した。

 

それをみた犬崎和久(古田新太)は徹底的につぶそうと言い出すが、取り巻きたちは藤堂の身内が大物政治家であることを気にしていた。

 

 

次の日、智子が朝食を食べていると小出美亜(前田敦子)から電話がかかってきた。
電話の内容は、あおば市のゆるキャラのあおバッタくんがニューポート隣接地区にアミューズメントパーク「あおばランド」がオープンするというチラシを街頭で配っているというものだった。

 

 

平田和美(石田ゆり子)とその同僚の西村健吾(長谷川朝晴)は藤堂が市議会議員の立場をすて副市長になった理由が理解できないと話していた。
藤堂誠の兄の明(山中崇史)が地元に頻繁に戻ってきているという情報もあり、藤堂誠が何を企んでいるのかが気になるという。
すると、前田康(大澄健也)が記者会見を開くという情報が入ってきた。

 

前田は会見で、智子が推進している福祉政策を実行に移すためには財源の確保が必要であり、それがあおばランドやニューポート建設だと説明した。
しかし、そのことを市長が理解していないと熱弁した。

 

この会見で、智子がニューポート建設やあおばランドに反対していることを印象付けし、リコールに結び付ける目的のようだった。

 

そのころ、智子と藤堂はニューポート反対派の漁師である井上に会いに来ていた。
井上はニューポートが建設されると先祖代々漁師をしてきた自分たちは海を失うことになる、今まで通りくらいしたいのが大それた望みなのか?と智子に訴える。

 

 

戻ってきた智子は記者たちに取り囲まれ、あおばランドに反対なのか?と質問攻めにする。

 

藤堂は犬崎のところにきていた。
「裏工作するにもほどがあります。民衆を馬鹿にするやり方は承服できません」とはっきり言うと、犬崎は藤堂に自分の敵か味方かと聞いた。
それを聞いた藤堂は、「そんなことにこだわって、小さい人だ」と答えた。

 

犬崎は、写真をだしてきて、莉子(今田美桜)ちゃんが縁談の話を聞いて悲しんでたと言い出した。
取り巻きたちも、週刊誌に売るほどありますとふざけたようにいった。
藤堂は黙って部屋を出て行った。

 

 

あおば市内いろいろな場所であおばランドの宣伝がされていた。
そしてその会場では智子に辞職してもらいたいという署名が集められていた。

 

 

翌日。
新聞社に犬崎派から情報がリークされてきた。
和美が西村に、新聞は犬崎の広告じゃないと訴えるが、自分たちは会社員だから上に従うしかないんだと答えた。

 

市長室に和美が今日の夕刊として出る記事を持ってきていた。
そこには、智子が後援会から不正献金をもらっているということが記事になっていた。
そして、それにはたくさんの領収書のコピーが添付してあった。
智子は、後援会なんかいないのにとつぶやく。

 

智子たちは領収書の山から犬崎がはめたという証拠を見つけ出そうとしていた。
しかし、領収書の日付は智子が市長になる前の日付のものであり、初めから智子が逆らった時に対策をしていたことが分かっただけだった。

 

その時、園田龍太郎(トレンディーエンジェル斎藤司)が市長室に入ってきた。
智子が市長になってから市政か滞ってばかりだと訴えにきたのだった。
園田と話しているとき、智子は前市長だった河原田晶子(余貴美子)のことを思い出した。

 

河原田も秘書とともに汚職の罪を着せられ、犬崎にはめられた一人だった。

 

 

そして河原田に会いにきた智子。
すると部屋に元福祉課職員だった小野祐樹が部屋に入ってきた。
小野は富田恭一(渡辺いっけい)から河原田の秘書が同性好きだから誘惑してこいと、命じられて望月にハニートラップをしかけたのだった。

 

智子はそのことを聞いて、小野に証言してくれないかと頼んだ。
しかし、河原田がそれを拒否した。
望月は性的な志向が知られることは怖くないといっていたが、それが世間に知られることになり親に迷惑がかかることをおそれていた。
それならばと智子は富田に証言させようということで、河原田と意見が一致した。

 

 

富田を探して犬崎のオフィスにきた智子。
前田も犬崎も知らん顔をする。
智子は犬崎に、「民衆の敵のあなたをつぶす」と宣言し、部屋を出て行った。

 

しかし、そのころ智子の人気は急降下。
不正疑惑もでたため、民衆たちは智子への不満をあらわにしている。

 

庁舎に入ろうとする智子を、報道陣が囲んだ。
智子は、「私は無実です。必ず証明します。私はいつでも皆さんの味方です」と頭を下げたが、集まった民衆からは「市長なんてやめてしまえ」と
ヤジが飛んできた。
そのなかには、智子のことを応援してくれていたおばちゃんがいた。
手に持っていたリンゴを智子になげつけ「あんたは民衆の敵なんだよ!」と。

 

 

ドラマ『民衆の敵』第9話感想

 

もっちーの無実がここでやっとわかりましたね。
なんとか富田をつかまえて、白状させたいですね。
それができれば、智子は一発逆転なんですが、このままだと本当に智子が民衆の敵。(-_-;)

 

そこまでして犬崎がニューポートにこだわる理由が最終話では分かりそうですね。

 

智子には勝ってもらいたいですが、藤堂がどう動くのかも楽しみです。

 

見逃した人はFODでみれますよ

FODプレミアム(31日間無料)新規入会