ドラマ『刑事ゆがみ』最終話あらすじと感想「弓神が逮捕される?!」

ドラマ『刑事ゆがみ』最終話あらすじと感想「弓神が逮捕される?!」

ドラマ『刑事ゆがみ』最終話あらすじ

 

ロイコ事件について話をしていた。
7年前、河合武と河合伊代の二人が死亡し、その娘の和美は記憶喪失と失声症となった。
容疑者は小説「ロイコ」の作者である横島不二実(オダギリジョー)とされたが、焼身自殺をしたため捜査は終了となった。

 

しかし、先日起きた殺人事件で殺された薮田に横島が関与していることが分かった。
捜査していくと、焼身自殺したのは横島ではなく薮田の息子であることが判明したのだった。
そして、7年前の報告書を弓神が書いており、手を加えていたことが報告された。

 

 

弓神(浅野忠信)に横島から電話がかかってきた。
横島は、ヒズミにロイコ事件の犯人は弓神で、横島は罪を擦り付けられただけだということと、殺人現場の写真を見せたのだという。

 

 

翌日、羽生(神木隆之介)がヒズミの入院している病室にいくと、「元気になりました」とメモを残しいなくなっていた。
理香(稲森いずみ)が、弓神がしょっちゅう出してくる領収書で満喫のがあるから、そこにいるかもしれないと言った。

 

羽生が満喫に行くと弓神がいた。
弓神をつかまえ話を聞くと、横島は弓神か羽生のどちらかを狙っていると言う。
小説の最後には刑事が殺されると書いてあるからだった。
そして、携帯を調べるよう羽生に頼んだ。

 

 

羽生は署に戻り、理香とともにロイコの本をだした出版社に向かった。
担当者に話を聞くことができ、殺された河合武は横島のゴーストライターだったことがわかった。
殺される直前、河合は「生活も仕事も横島のゴーストだ。家族も横島にのっとられた、あいつを殺したい」と言っていたらしい。

 

 

羽生が署にもどり記録を調べていると、横島が河合伊代を暴行していたことが分かった。
そこに多々木挙男(仁科貴)がきて、横島の焼けた免許証をもってきた。
これが、焼身自殺の遺体の身元を決定づけるものになったという。
弓神が後から焼いておいたようだ。
そして弓神の犯行の時効成立が明日だった。

 

 

羽生が満喫に向かっていると、変装した男たちに襲われ連れ去られた。
「ロイコの部屋」というサイトを弓神が見ていると「サブキャラひとり確保」という書き込みがあるのを見つけた。
弓神は理香に電話をし、羽生がやばいと伝えた。
そして、ロイコの部屋の書き込みをしている人を特定するように頼んだ。

 

弓神が店の外にでると、別の変装した男たちに襲われ拉致された。

 

理香は書き込みをした人物を突き止め、多々木たちと一緒に隠れ家に踏み込み、3人の男を逮捕した。

 

羽生が目を覚ますと、横にはヒズミがいた。
二人は縛られていた。

 

そして弓神もそこに連れてこられた。
横島は、羽生とヒズミどちらを最初に海に落とすか選べと弓神に言った。
弓神は、ヒズミは横島の娘だと言うと、横島はヒズミを海に落とそうとした。
羽生は縛られていたのを自力で外し、横島にとびかかった。
弓神はヒズミを助けに走った。
ヒズミを助け海に落ちそうになった弓神を、羽生がなんとかつかまえた。
そこに横島がバッドを持ってやってきたが、パトカーのサインが聞こえ、横島は逃げたのだった。

 

弓神と羽生は横島の隠れ家の横にあるラブホテルで張り込みをしていた。
羽生は自分が調べたことと推測を話し出した。

 

河合伊代が横島に暴行された後、河合武は、和美が横島のこどもではないかと疑いだした。
そして、和美が小学生になりどんどん横島に似てきて、武は伊代に暴力を振るい出した。
それはだんだんとエスカレートしていき、事件が起きた。
武が伊代を包丁で刺し、武が和美も刺そうとしたが和美がバッドで武を殴り殺してしまった。
弓神は和美から「お母さんが殺される」とメールをもらいすぐに駆け付けたが、ついた時には遅かった。
和美の手に握られていたバッドの指紋をふき取り、すべてを横島のせいにしたのだと。

 

それをきいた弓神は、夫婦の無理心中だったと認めなかった。

 

そこに理香から電話がかかってきて、ヒズミが父親を殴り殺したことを自供したと報告があった。
当時12歳だったため罪には問われないということだった。

 

弓神は自分の腕時計を見せた。
時計は0時になる10分前だった。
そして両手を差し出し、自分を逮捕しろといった。
羽生が手錠をかけようとすると、弓神は時間を言えといった。
そして羽生がホテルにおいてある時計を見ると、12時3分をさしていた。

 

時効が成立していたのだった。

 

弓神は横島を探しに行くと部屋を出て行ったのだった。

 

 

後日、ヒズミが満喫を出ると、店員が弓神が持ってきたと、いつもかぶっていた帽子を持ってきてくれた。
帽子を見ると、あたり万馬券が入っていた。

 

ヒズミは「ありがとう」と声をだして言った。

 

 

ドラマ『刑事ゆがみ』最終話感想

 

横島は結局逃げたままになりましたね。
オダギリジョーのサイコっぽい演技は様になりますね。

 

弓神は横島に河合夫婦の殺人の罪の責任をなすりつけ、たまたま?焼身自殺した遺体を横島ということにしたみたいですね。
横島は死んでいるけど、生きている人間というとてもしんどい立場になりましたね。
弓神の復讐なのか、ヒズミを守るためとは言え、ちょっと重い罰のような気もしました。

 

横島が今回捕まらなかったことから、もしかしたら続編があるのかなと、ちょっと期待もありますね。

 

「刑事ゆがみ」はFODでみることができます。

FODプレミアム(31日間無料)新規入会