ドラマ『コウノドリ』第10話あらすじと感想「出生前診断と二人の妊婦」

ドラマ『コウノドリ』第10話あらすじと感想「出生前診断と二人の妊婦」

ドラマ『コウノドリ』第10話あらすじ

 

高山透子(初音映莉子)と夫の光弘(石田卓也)は、赤ちゃんのための部屋の壁紙を選んでいる。
そこに、出生前診断の結果が送られてきていた。
透子が中をあけてみると、そこには「陽性」の文字が…。
21トリソミーが陽性という結果だったのだ。

 

 

透子と光弘は、出生前診断を受けたところではアフターフォローできないといわれ、ペルソナ総合医療センターを受診することになった。
サクラ(綾野剛)から、赤ちゃんがダウン症候群である可能性が高いことを説明され、確定するには羊水検査が必要だと言った。

 

 

同じころ、サクラは別の夫婦に羊水検査の結果を説明していた。
明代(りょう)と夫の信英(近藤公園)は出生前診断を受けようと思ったときから、陽性であれば赤ちゃんを諦めることを決めていたと言う。
そして、羊水検査の結果は陽性だった。

 

明代と信英は小さい弁当屋を自営しており、ひとり娘がいる。
弁当屋の経営状態はよくなく、パートを雇う余裕もない。
明代はダウン症のこどもを育てることはできないと話した。

 

新生児科の部長の今橋貴之(大森南朋)がダウン症のこどもと一緒にいる母親に声をかけた。
その母親はダウン症のこどもを抱えての育児の大変さを話したが、笑顔だった。

 

 

四宮春樹(星野源)の妹の谷内夏美(相楽樹)が四宮に会いに来ていた。
そして、父親から預かったものがあると四宮に渡した。
それは、立派な入れ物に入った四宮のへその緒だった。

 

 

透子と光弘が羊水検査を受けに来ている。
出生前診断を受けたのは親にすすめられたからで、まだ心の準備ができていないと話す光弘。
透子はサクラに、この検査でダウン症とでたら絶対化と聞くと、サクラはほぼ確定だと返事をした。

 

医局で出生前診断について話し合われていた。
倉崎恵美(松本若菜)が親になる前にこどもの情報を知って何が悪いのかというと、四宮は、その情報を知った後でどうするかを決める前に受けるのは無責任だと言う。
メディカルソーシャルの向井祥子(江口のりこ)は検査を受ける前に話し合ってから受けてほしいとつぶやいた。

 

 

そして、透子たちの赤ちゃんの羊水検査の結果がでた。
21トリソミーダウン症候群の疑いだとサクラは伝えた。

 

透子たちはそれぞれの両親を呼び話し合いをすることにした。
光弘の父親も母親も産まないほうがいいと考えているようだった。
透子の母親が、透子と二人で話したいと言った。

 

透子が小さいころ病気がちで言葉の発達も遅くて心配したけど、笑顔を見るだけで幸せだった、でもこの子はあきらめたほうがいい、透子が苦労するのを見たくないと話した。

 

 

一方、明代と信英は公園で長女の愛里と遊びながら、自分たちがいなくなった後、すべてを愛里に任すことはできないよと、中絶することを決意した。

 

そのころ、助産師の小松留美子(吉田羊)は、同期の助産師の武田京子(須藤理彩)の自宅に来ていた。
京子は妊娠中で高齢出産だったため出生前診断を受けることも考えたが、受けなかったのは迷うことが怖いからだと話した。

 

 

医局で四宮がへその緒を見ていると、留美子が話しかけてきた。
へその緒は出兵する前に持たせたり、棺桶の中にいれて死後の世界で母親と巡り合えますようにという願いを込めたりしたと話した。
「しのりんを守ってくれますようにっていう、お父さんのお守りだね」

 

 

透子がサクラのところに来て、夫も両親も赤ちゃんを諦めたほうがいいと言っているが、自分の答えはまだでていないと話した。
不妊治療の末に授かった命、授かったときはとてもうれしかったのだと…

 

今橋はダウン症の子は身体的な疾患を持って生まれることが多いため、手術が必要になることがあると説明した。
しかし、ダウン症のこたちの多くが幸せを感じて暮らしていることも伝えた。
透子は、答えが出なくて駄目だと自分を責めたが、サクラはしっかり悩んで家族の答えを見つけるようはげました。

 

 

明代は中期中絶になるため陣痛を誘発している。
最期にこの子を抱いてもいいですか?とサクラに頼んだ。

 

そして、中絶処置が終わり、明代は病室に運ばれた。
号泣する明代の背中を、留美子は静かにさすった。

 

 

白川領(坂口健太郎)はある病院に面接にきていた。
どうして小児循環器科で学びなおしたいのかと聞いた。
白川は尊敬する先輩医師のようになりたいと答えた。

 

 

明代が赤ちゃんの遺体が入った棺を抱いて、サクラたちに見送られ退院していった。
夫婦は肩を抱き合って帰っていった。

 

医局にもどったサクラは四宮に、「家族が幸せにあるためだと自分に言い聞かせている、でも、僕は赤ちゃんが好きだから」と辛い気持ちを打ち明けた。
四宮も「ああ」と答えた。

 

 

そして透子夫婦がサクラのもとを訪れ、今回はあきらめようと思うと光弘が話した。
透子が最後に超音波をしてほしいとサクラに頼んだ。
モニターには元気に動く赤ちゃんがいた…。

 

 

カンファレンスでは、赤西吾郎(宮沢氷魚)が中絶を希望しているのに赤ちゃんをだきたいといったことを聞き、驚いていた。
出生前診断には反対しており、医師としてどう向き合えばいいのかわからないといった。

 

サクラはそれに対して、それぞれの家庭に事情があり、産む産まない、どの選択もまちがっていなかったと思えるように、産科医として家族と向き合っていくことこそが産科医のつとめなのだと信じて、今、自分はここにいるんだと答えた。

 

 

透子が中絶手術のため入院してきた。
光弘は、出生前診断を受けるとき、自分たちには関係ないと思っていたといい、子どもをもつと決めたときから関係ある話だったんだと言った。
二人で背負っていこうと透子の手を握った。

 

処置室に案内された透子が、一歩踏み出そうとしたが崩れ落ち、「この子はわたしのあかちゃんなの、産みたい、でも怖い」と泣き出した。
付き添っていた透子の母親が、「あんた産みたいんだね?あんたがへばっても、母さんが一緒に育てる」と一緒に泣いた。

 

 

医局にもどったサクラと留美子が、今後のことをしっかり決めていく必要があると話し合っていると、四宮が地元にまた帰ると言った。
「親父が死んだ」
ペルソナのことは頼んだと言って四宮は金沢に帰っていった。

 

 

ドラマ『コウノドリ』第10話感想

今回の話のテーマは出生前診断についてでしたね。

 

命の選択をしていると責める人もいますが、子育ては大変です。
まして障害をもった子であればと考えてもおかしくないと思います。
金銭的な面、年齢、環境、いろいろな事情がそれぞれの家族にあるので、一概に責めることではないと思っています。
なので、今回透子や明代が出した答えはどちらも間違っていないと思います。

 

さて、四宮のお父さんが亡くなり、白川の転職先も決まりそうですね。
次回最終回、ペルソナのメンバーたちはどうなっていくのでしょうか?

 

「コウノドリ」前シリーズはこちらから見れます。