おすすめドラマのあらすじと感想

愛してたって秘密はある6話

黎(福士蒼汰)が爽(川口春奈)に渡そうとした婚約指輪は、
なぜか埋めたはずの奥森(堀部圭亮)の結婚指輪にすり替わっていた。
一体誰がどうやってすり替えたのか?

 

 

一方、爽は、暁人(賀来賢人)が過去のある事件で立花(遠藤憲一)を憎み続けることに心を痛めていた。

 

現在、暁人は、ある政治家の贈収賄疑惑を追っており、
その疑惑には、晶子(鈴木保奈美)が勤める港北医科大学病院が絡んでいるらしい。

 

暁人は病院を訪ね、晶子や風見(鈴木浩介)に話を聞こうとするが、
欲しい情報は得られない。

 

 

黎と晶子は警察に呼び出され、
奥森の車が引き上げられるきっかけとなった「車が崖から落ちた」という通報の音声を聞く。
晶子の微妙な表情と必死に誰か知ろうと何度も音声を聞く黎がいた。

 

 

一ノ瀬刑事(矢柴俊博)は、
黎と晶子がこれまで奥森を積極的に探していなかったことを不審に思い、
11年前の失踪について調べ直すことにした。

 

 

そんな中、黎は、法律事務所の面接を受ける。
就職を決めて爽との結婚を立花に許してもらうためにも、
内定を取りたいと意気込む黎。

 

 

 

その頃、風見が黄色いバラを持って墓参りに来ている。
険しい顔をしながら「父さん…。」と一言。

 

 

黎は港北医科大学病院に来ている。
結婚式の乾杯の音頭をお願いしている風見の元に行って、
彼女の爽を紹介したいと伝える。
しかし、風見からは最近忙しいから少し待って欲しいと言われてしまう。

 

黎は風見と話している中で、晶子の結婚指輪を風見がもっていることを知る。
黎は指輪を見せてもらう。
そこに刻まれていたのは、
「1989年、KOUSUKE to SHOKO」

 

黎の婚約指輪と入れ替わっていたのは、
「SHOKO to KOSUKE」だったことを思い出し、
黎は急いで家に帰る。

 

そして指輪をしまっておいた金庫の中を確認するとそこには?!

 

 

 

翌日、黎は爽とウェディングドレスの試着に来ている。
その帰り道に黎は風見を紹介したいと二人で病院に向かうことにした。

 

庭に風見がいるのを見つけ、黎は声をかける。
「風見先生。」

 

そして風見は爽の顔を見る。
爽も風見の顔を見る。
そこには二人の秘密が…?!

 

 

6話の感想

 

指輪を入れ替えたのは誰なのか?
果凛(吉川愛)と虎太郎(白洲迅)が怪しい動きをしているのも、
気になりますね。

 

爽の秘密は、風見先生との何か?のようですね。