おすすめドラマのあらすじと感想

愛してたって秘密はある7話

風見(鈴木浩介)と顔を合わせた爽(川口春奈)は、「あの人、犯人!」と言って倒れてしまう。

 

黎(福士蒼汰)は意識を取り戻した爽から、10年前に襲われた過去を打ち明けられる。

 

爽はほとんどケガもなく解放されたのだが、その時に見た犯人が風見だったというのだ。

 

風見がそんなことをするとは信じられない黎。

 

 

爽から話を聞いた兄の暁人(賀来賢人)は、風見を警察に突き出すと息巻く。
しかし、爽は、風見と話がしたいと言うのだった。

 

 

黎は暁人から、10年前の事件の詳細を聞く。

 

当時、高校生だった爽は帰宅途中、何者かに薬品を嗅がされて連れ去られた。
犯人は爽を襲う際に
「立花弘晃の娘か」
と尋ねていた。

 

そのことから、立花(遠藤憲一)に恨みを抱いての犯行と見られていた。
しかし結局、容疑者は特定できないまま、まもなく9月3日には事件の時効を迎えてしまうということだった。

 

風見が犯人だという証拠をつかんで彼に真相を聞くつもりだと黎に話した。

 

 

翌日、黎の仕事場のデスクに1枚の写真が置かれていた。

 

「お父ーさん、どーこだ?」の文字が見える…

 

そこに写っていたのは?!

 

 

黎は仕事場には誰でもは入れない状況から、その写真を仕込んだのが虎太郎(白洲迅)なのではないかと考えた。
写真を見せて心当たりはないかと聞いてみるが、虎太郎は知らないと答えた。

 

疑念は晴れない黎は、虎太郎を尾行する。
すると、虎太郎はある人物と待ち合わせをしている。
そこには果凛の姿があった。

 

やはり果凛と虎太郎の仕業なのか?!

 

 

 

黎は暁人から連絡が入り風見と連絡が取れないから病院に行ってほしいと…。
黎は急いで病院へ。
すると部屋はすでにものけのからになっている。
黎はロッカーが開いているのを見つける。

 

黎はロッカーのドアを開く。
赤色の包み紙が見える。
黎は慎重に包みを解いていく。
そして、ふたを開けるとそこには…?!

 

 

7話の感想

 

とうとう爽の秘密がわかりましたね。
けっこう引っ張ったわりには、たいした秘密じゃなかったなと思ってしまいました。

 

風見の秘密もわかったわけですが、
風見はまだ何か秘密をもっているのかなぁ?という感じですね。
晶子との関係もあやしいです。