おすすめドラマのあらすじと感想

愛してたって秘密はある9話のあらすじと感想 「父の秘密とは…」

晶子(鈴木保奈美)が、11年前に奥森(堀部圭亮)を殺したのは自分だと自首した。

 

彼女は取調べで夫の暴力に耐えかねて殺害したと供述。
裏付けのための捜査が自宅で行われることになった。

 

晶子は黎(福士蒼汰)に「黎の人生を守れて幸せ」と言う。
黎は葛藤しながらも、警察の事情聴取では晶子に合わせて嘘をつく。

 

黎は立花(遠藤憲一)に、晶子が自首して近いうちに逮捕されることを知らせる。
それを聞いた立花は黎に、爽(川口春奈)と別れるようにと命じる。

 

そんな話をしているとは露知らず、爽は黎を呼び出し、自分がサインした婚姻届を渡す。
しかし黎は爽に別れを告げる。
さらに彼は、父を殺したのは晶子だったと嘘を重ねてしまった。

 

 

まもなく、晶子が死体遺棄容疑で逮捕される。

 

 

逃走中の風見(鈴木浩介)は晶子の逮捕をニュースで知り、ある決意を抱いた。
風見の起こした行動は?!

 

 

弁護士の香坂いずみ(山本未來)は顧客と話をしている。
すると「それ、男物ですか?」と質問される。
香坂の腕には男物の腕時計が。

 

「昔、男にプレゼントしようとしたやつなんですけど。いろいろあって渡せなくて。
許してはいけない罪ってあると思うんですよね。」

 

香坂は意味深な表情を浮かべながら時計をみる。

 

 

 

法律事務所に出勤した爽は、デスクの上に見覚えのない封筒を見つける。
実は、その封筒を爽のデスクに置いたのは、意外な人物で…。

 

その中には、奥森が遺した日記のコピーが入っていた。
その日記を読んで衝撃的な事実を知った爽は、立花が黎との結婚を反対した本当の理由を察する。

 

彼女は、虎太郎(白洲迅)にその封筒を黎に渡してほしいと頼んだ後、奥森の日記に書かれていたことを立花に突きつける。
立花から当時の話を聞くことができた爽は、黎のもとに。

 

そして黎からは事実を突きつけられる。

 

 

9話の感想
とうとう黎の秘密が明らかになってしまいましたね。
これを知った爽はどうするのでしょうか?

 

また、死体を掘り返したり、メールを送ったりしていた犯人は誰なんでしょうか?
黎が二重人格なのか?と予想中です。